山と自然の贈り物の記録
28年これって、もしかして白鳥?





20日夜。友人のFBに「近所の田んぼを走っていたら…」
のコメントに、白鳥らしい姿がたくさん写った写真が!!


DSCN1254.jpg



「これって白鳥なの?」と聞く私に「この辺の田んぼに白鳥なんか」と
言った夫が写真を見ると、「ウソッ、ほんとの写真?見た時すぐに℡が
ほしかったなぁ~見たかったなぁ」と悔しがること、悔しがることしきり。

21日。「滝川渓谷」と「黄金のイチョウ」に気を良くした夫が、「そうだ!
昨日の白鳥、まだいるかなぁ!」と思い出し、多分あのあたりかなと…


・田んぼの中の道を走っていくと、遠くに白い点々が。まさか、まさか。今日も50羽くらいはいました。
DSCN1253.jpg



・驚かさないように、車のドアも半ドアのまま、そぉっと、そおっと近づいてみると、食事に夢中の様子です。
DSCN1257.jpg



・すぐ脇を車が走って行っても、全く動じる気配はありません。通りがかった車が次々停まり、スマホが向けられます。
DSCN1258.jpg

DSCN1260.jpg



女性の方に「これって、白鳥ですか?」と聞かれた夫が「足が短いから
違うでしょう」ですって。「ほら、白鳥でしょう」と検索した画像を見せると
「俺のイメージは丹頂ヅルだったのか!」。余程気に入ったのでしょう。
普段通ることのない道なのに、次の日、那須烏山市へ出かけた夫が、
回り道をし「今日もいるよ!」「帰りにも、まだいたよ!」と報告の電話。
私はお友達の「蕎麦会」のお手伝いで忙しいのに…。でも、ありがとうね。

追伸                                                            
・26日。また寄り道をすると、まだいらっしゃいました。どうやら、コハクチョウのようです。いつまでいてくれるかなぁ
RSCN1284.jpg






スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[自然
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/511-b8a2088f
trackback