山と自然の贈り物の記録
松ボックリを探して鍋足山

003_top1sdgsdg.gif






10日。松ボックリ採集の季節と、鍋足山へ出かけました




里美支所に駐車するのが普通ですが、間伐作業中の林道を、
しつこく走らせる夫。伐採作業のために明るくはなりましたが、
泥寧の所もあってヒヤヒヤしてしまいました。終点には先行の
ご夫婦がいらして、「日立アルプス」を命名した方だということ
で、男どうしは話がはずみますが、松ボックリが待っています。



・やはり今年は暖かいようです。山頂手前のダンコウバイが、こんなに膨らんでいます。
DSCN1819.jpg

RSCN1821.jpg RSCN1822.jpg



・最近ハマっているワンタンメン。今日も暖かい昼食に。
DSCN1817.jpg




山頂にはたくさんの中高年の女性たち。「女性だけのツアーですか?」と夫が聞くと、
男もいますが影が薄くてとの声。NHKの「里山なに……」のイベントでした。私たちが
地元住民だと知り、「東京方面の人が多くて、珍しい」と、感心をされてしまいました。




・「盗まれている!」と言う声。本当だ、松の木に括り付けられていた山頂の碑がありません。
RSCN1823.jpg



山頂近くの、小さな松ボックリがお目当てだったのに、夫はいつまでも
NHK様御一行と話をしています。それが終りかけたところに、登山口で
ご一緒したスドウさんが到着。またお話が始まりました。あの尾根は?
あの谷は?さて、さて、松ボックリは? エッ、まだ、早かったようです。




林試公園で松ボックリが採集できていたので、今が旬だと思ってしまった
のですが、早かったようです。昨年のメモを確認すると、3月でした。早々
に下山して「ぬくもりの湯」でまったりし、車に戻ると隣にスドウさんの車。
夫と同い年だ言うスドウさん。またどこかのお山でお会いしたいものです。





hdfhdhd003_top2.gif
















スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[茨城の山
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/528-f751127e
trackback