山と自然の贈り物の記録
29年久慈川に神秘のシガ





友人のFBで、シガが人気になっていることを知りました



・夫は大子町の生まれなので、冬にシガ(氷花)が流れるのは当たり前、と言っていたのに、今年は久々に見られそうだと
わかると、突然のように「行こう!」ですと!検索してみると、昨年、一昨年とシガがまったく発生しなかったとのことです。
シガ




・発生メカニズムは諸説あるようですが、本州では久慈川だけに
みられる神秘の現象だそうで、25日。確実に発生する予報です。
IMG_4562_20170129102728d3a.png



・早い時間が確実でしょうが、10時になってしまい嵯峨草橋ではもう姿が
ありません。停めた車の後ろに、四台も続いたのには驚いてしまいました。
数キロ走って川山橋まで下りました。追いつきました。シガと言う流氷です。
DSCN1922.jpg



・夫は、温暖化がすすんでいるんだなぁ!と呟いています。子供の頃には、もっと大規模に、もっと下流まで流れていたようです。
DSCN1912.jpg

DSCN1915.jpg

DSCN1918.jpg

DSCN1924.jpg




・シガに出逢って気分が高揚。袋田の滝は無理でも「月待の滝」は凍っているだろうと転進。やはり暖冬、イマイチの結氷でした。
DSCN1929.jpg


DSCN1935.jpg DSCN1933.jpg




子供の頃に見慣れていた夫ですら高揚するくらいですから、私が興奮
しないわけはありません。ここ数日、テレビでもシガ・シガ・シガと報道
していただきましたから、人気が出るかもしれません。ほどほどにね…






スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[日常
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/532-cc98cf1f
trackback