山と自然の贈り物の記録
29年夫が里山に凝っています

003_top1sdgsdg.gif





走り始めた夫が、里山でのトレーニングが気に入って…


300㍍に満たない山なのでとても簡単に登れるけど、緩やかなアップ
ダウンがあってとても山らしさがある。思いの他整備されているので、
走っても安全。あの道が気になって、とか言いながら何度も上り下りを
繰り返してきたようです。8日。誘われて、一緒に出掛けてきました。



・登山口まで車を乗り入れず、道の駅から歩いて西林道登山口に向かいました。今日のコース
どりは、西コースから東コースへ。そして耕山寺に降らず、浄水場コース~道の駅まで戻ります。
国見山



・山頂に着いて驚いてしまいました。したり顔の夫。別世界のようなゴルフ場が見えます。
DSCN1976.jpg



・ハイキングコースから外れます。MTBメンバーによる案内板です。
DSCN1982.jpg


・今は水府も里美村も常陸太田市ですが、境界争いがあったのでしょうか。三本杭いや、お墓みたいなものまで。
DSCN1980.jpg DSCN1983.jpg



・ハイキングコースでなくとも、こんなに整備されています。
DSCN1986.jpg



・左は妙見山。右の浄水場へと辿り、北と東ルートの分岐。東ルートで浄水場。さらに標識の無い分岐を左へ。
DSCN1985.jpg DSCN1987.jpg



なるほど、成る程。落ち葉の降り積もった道を下っていくと、里川沿いの
旧里美街道に降り立ち、僅かで出発点の道の駅の駐車場に着きました。
今日のコースどりで約6㌖。夫はとても気に入っていて、上り下りを繰り返
せばとても良いトレーニングだと言いますが、私にはとても無理そうです。
雑木林もありますが、杉と桧がたくさん。もうすぐ花粉が舞いそうですから。





寒い日もありますが、もうそこまで春が来ています



・部屋の中では「オンシジューム」の黄色が華やかです。
DSCN1972.jpg


・どうしたわけか、二年ぶりに「寒アヤメ」が咲きだしました。
RSCN1971.jpg



・暖かいのでしょうか?「クリスマスローズ」の一部が、咲きだしてきました。
DSCN1969.jpg DSCN1970.jpg
DSCN1974.jpg RSCN2028.jpg
RSCN2029.jpg RSCN2030.jpg




二年近く走らなかった夫が、市内の林道やハイキングコースに
出掛けています。アスファルトのロードはどうも…などと言ってい
ますが、トレイルランでなくマラソンはみんなアスファルトですよ!







hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[茨城の山
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/535-df4ca38f
trackback