山と自然の贈り物の記録
29年久しぶりに、ちぎって、ちぎって





「最近ちぎっていないんじゃない?」と心無い夫の言葉に発奮




26年秋、奥又白での夜明け前。テントの向こうにたなびく雲海。
手前には、奥又白の池の鏡のような水面。とても幻想的なので…



夜明け前



・透明なクラフトプラバンに極細油性ペンで風景を写し取り、その上に透明なプラバンを載せて、和紙を張り合わ
せていきます。夫には和紙の買い足しや、「そこは…。太くない?」などと、口先介入を受けながらの作業です。
DSCN2320.jpg DSCN2319.jpg



・「オッ いいじゃない!」休んでいたのに、格段に腕を上げたように見えるとお褒めの夫。
DSCN2333.jpg



昨年11月。ひたちなか市で開催された「彦坂」先生のちぎり絵展で
ヒントをいただきました。トレーシングペーパーからプラバン二枚に変
えたことで、下絵とちぎり絵、そして写真との確認作業がとてもしやす
くなり、スピーディに仕上がり、感謝感謝で、もう一枚と意欲も……。






スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[ちぎり絵
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/544-09c5ca2e
trackback