山と自然の贈り物の記録
29年春のお花達②





お花って不思議。例年より早かったり遅かったり…



・青い「雪割草」。消えてしまったかと心配していたところです。赤花も顔を出てきました。
DSCN2371.jpg

・夫の実家近くで自生していたミスミソウ。我が家の土になじんできて、繁殖しています。
DSCN2344.jpg



・昨年はムクドリに全滅したヒメコブシ。今年はこそは、とテグスで守ったのですが、敵もさるものです。
DSCN2348.jpg DSCN2343.jpg



・アズマイチゲ。いつもは白花から咲きだすのに、今年は青花から。
DSCN2389.jpg

・もう、20輪以上のお花が開き、今年は当たり年なのか、楽しめそうな予感がします。
DSCN2375.jpg DSCN2418.jpg


・一輪だけですが、ニリンソウも咲きだしてきました。
DSCN2471.jpg



・すっかり土に馴染んだらしいカタクリ。真っ直ぐだった花茎がググッと曲がって、お花が咲きました。
DSCN2357.jpg DSCN2400.jpg

DSCN2462.jpg



・なかなか姿を見せなくて、心配だったヒトリシズカが、しずかに…
DSCN2474.jpg



・「啓翁桜」。「咲かないなら伐.る」と言う夫の声が聞こえたようですね?
RSCN2461.jpg



・咲き始めは控えめだったのに、満開になるとダンコウバイより華やかなお姿です。
DSCN2487.jpg RSCN2492.jpg



・なんの変哲もないネコヤナギだった筈なのに、こうしてみると…
RSCN2497.jpg

RSCN2493.jpg RSCN2496.jpg


・近くの里山では、スミレにキブシ・ネコノメソウなどなど。
DSCN2440.jpg DSCN2446.jpg
DSCN2436.jpg DSCN2434.jpg



・我が家の畑でも、目が痛くなるほどのブルー。オオイヌノフグリの絨毯です。
DSCN2419.jpg

DSCN2421.jpg RSCN2498.jpg




3日に、水戸も桜の開花宣言が出されました。我が家の周辺では
満開まで、あと数日はかかかるでしょう。暖冬々とは言いますが、
寒い日が多いような気がします。大雪が降ったり、強風が吹いたり
で、なかなか春を楽しむBCにも出かけられません。那須での雪崩
事故と出かけられない私達。感情ではなく、科学的な反省が必要
ですが、重箱の隅をつつくような報道には、辟易してしまいます。






スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[我が家の自然
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/547-6ef833f4
trackback