山と自然の贈り物の記録
29年西吾妻山BCスキー

003_top1sdgsdg.gif





那須の痛ましい雪崩事故から一週間が過ぎました。私達も「それみたことか!」と言われない登山を目指します。
DSCN2517.jpg


4日天気 5日天気




4日も晴れるようですが、低温・強風を避けて、5日に西吾妻山BCに



・初めての、天元台スキー場。ここのペンションにもお泊りしたかったのですが…
DSCN2503.jpg


・初心者向けとは言いますが、良く整備されたゲレンデは、とても楽しそうです。
IMG_4923.jpg



・我が家の庭では春のお花達がいっぱいなのに、ここは別世界。いきなりモンスターのお出迎えを受けました。
DSCN2512.jpg

IMG_4924.jpg

DSCN2513.jpg

DSCN2519.jpg

DSCN2521.jpg

IMG_4929.jpg



・稜線に出ると、 オッオー ペンギンみたいなモンスターの群れが。とても4月とは思えない西吾妻山です。
DSCN2523.jpg

DSCN2526.jpg

DSCN2527.jpg



・今日は、とても余裕のあるコースだということもありますが、ペンギン、ペンギンにカメラ、カメラと忙しい。
DSCN2533.jpg

DSCN2539.jpg

DSCN2542.jpg

DSCN2545.jpg

DSCN2551.jpg

DSCN2553.jpg



・西吾妻避難小屋の赤い屋根が見えてきました。若女平コースへはなんの標識も見当たりません。ガーミン様さまです。
DSCN2558.jpg

DSCN2562.jpg

DSCN2566.jpg

IMG_4958.jpg

IMG_4956.jpg



・視界の利かない込み入った樹林帯。コースどりと重い雪に四苦八苦。古い標識に元気づけられて、若女平に着きました。
DSCN2569.jpg DSCN2574.jpg

DSCN2572.jpg

DSCN2575.jpg



・谷を挟んだ右手対岸に、今朝の出発点、天元台ロッジ。この先にあるナイフリッジとは、どんな様子でしょう?
DSCN2576.jpg



・雪の状態にもよりますが、ファンスキーの私達には狭すぎることはありませんでした。
DSCN2578.jpg

DSCN2580_20170408144103416.jpg



・ほぼ夏道通りに下降しましたが、最後が一番の難所。杉林に入るまでの、高差50㍍くらいがボコボコでした。
DSCN2581.jpg DSCN2584.jpg



・除雪の済んだ西吾妻スカイラインを少し戻り、ロープウェイ駐車場、そして温泉に。休業らしい西屋を諦め東屋に入りました。
白布温泉東屋


・私はすぐに温泉でリラックスしたいのに、「西屋はどうしたんですか?」とシツコくフロントに尋ねている夫に呆れます。
IMG_4961.jpg


・東屋さんは、とても良いお風呂がそろっていました。柔らかなお湯とひなびた感じが素敵でした。
IMG_4965_20170408151132966.jpg IMG_4964_201704081511321f8.jpg

IMG_4963.jpg



6日なると、天気は大荒れになりました。昨日のBCスキーは、千載一遇の
チャンスでした。コース上の雪質や残雪量を推測して出かけてみましたが、
一つだけ見誤っていました。今時のモンスターにペンギン。こんなプレゼント
があるとは思っていなかったのです。自然の贈り物なのに夫が自慢げです。







hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[山スキー
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/548-8363b6d7
trackback