山と自然の贈り物の記録
29年神楽峰BCスキー

003_top1sdgsdg.gif





平ケ岳から中3日で、神楽峰BCに出かけた夫のレポです。



私のお友達の旦那さんが車の店長さんで、月曜日がお休みです。
指導員と言うこともあるのでしょうが、50歳を過ぎた今でも毎々週
スキーに出かけているそうです。BCスキーに行きたいというので、
夫に紹介したのです。8日、月曜日晴れ予報。条件が一致しました。



8日予報天気図

・上の天気図から、こんな予報を出せるなんて…と、プロの仕事に感心してしまいます。
8日予報



スキー指導員のOさん。燧ケ岳でBCスキーデビューし、八幡平や八甲田も
ご案内したことがあります。久々の同行は、労少なくて楽しめる神楽峰です。



私のお勧めは、なんといっても中尾根で、今日も目指します。



・三俣から神楽第一高速リフトまで、一番で乗り継ぎました。BCに人気の第五ロマンスが終了して、ここから登ります。
DSCN3172.jpg DSCN3173.jpg



・少し不安げなOさんに、中尾根をの良さを、くどいほどに説明しました。
神楽峰①



・雪の状態がとても良いのと、好天に気を良くしてスイスイ登ります。田代湖の向こうに、谷川岳もクッキリと。
DSCN3176.jpg



・中尾根目当てなので、神楽峰ピークを目指さずに「中尾根の頭」へ直行していきます。
DSCN3177.jpg



・40分ほどで「中尾根の頭」。平日の一番リフトだったためか、私たちの他には誰も居ません。
DSCN3181.jpg DSCN3183.jpg



・今年は雪が残っているので「雁ケ峰」へのルートも滑れますが、今日は「霧の塔」のピークは眺めるだけに。
DSCN3185.jpg




・久しぶりに見るOさんの滑り。さすがに指導員の技。滑りが見事にきまっています。
DSCN3188.jpg

DSCN3190.jpg DSCN3191_20170510145255067.jpg

DSCN3192.jpg

DSCN3196.jpg



・4月にも神楽スキー場来たというOさん。初めてだったのにガスガスだったらしく、今日の快晴に気を良くして、次は?と…
かぐらルート




 「せっかくですから…」Oさんの勢いに押され、反射板ルートも滑ります。



・田代側を何度も覗き込んで、神楽ゲレンデまで戻れるのを確認。ガーミンを車に置いてきてしまっていましたので…。
DSCN3199.jpg

DSCN3202.jpg DSCN3206.jpg



・今回は神楽峰を踏んでから、反射板ルートを目指して、滑降開始です。
DSCN3208.jpg DSCN3210.jpg



・田代リフトが昨日で終了しているので、反射板からは思いっきり神楽側に滑り込んでいきます。
DSCN3212.jpg

DSCN3215.jpg DSCN3216.jpg



・心配をしていましたが、うまい具合に神楽ゲレンデに戻ることができました。テラスではビールを飲んで楽しそう。
DSCN3217.jpg DSCN3218.jpg



・私たちは食事だけ。私にはちょうど良い体慣らしだったし、Oさんには喜んでいただいて、大満足です。
DSCN3221.jpg



今日の①ルートは2時間弱、②のルートは地形の確認に時間を使った
ので2時間30分くらい。昨日の黄砂の影響もなく、きれいな雪でした。
神楽スキー場の営業は28日まで。雪もたっぷり残っているので、まだ
まだ楽しめそうです。加えて、第五ロマンスの終点に逢った、悪名高い
KG(かぐらゲート)も片づけられ、干渉されないで、BCが楽しめます。







hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[山スキー
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/560-260a27e1
trackback