山と自然の贈り物の記録
29年立山BCスキー

003_top1sdgsdg.gif




立山で夫はBCスキーを楽しみ、私は湯治でまったりと…



IMG_5825.jpg



・天気図では、晴れるというのが信じられないのですが、15、16日と山頂は快晴の予報が出ています。
日15 16日


・13日の「立山ライブカメラ」の映像。一番右のピーク「雄山」の山頂まで雪が残っています。
立山13日



 15日。扇沢~室堂~みくりが池温泉。私は湯治、夫は龍王岳でBCスキー


いつもなら立山駅から入山するのに、今回は扇沢駅から室堂を目指す
ことにしました。「スキーを持って四回も乗り換えるのは嫌。ダムの上を
10分も歩くのは嫌。悪天でロープウェイが停まったらどうなる?」などと
言うものですから、一度も利用したことが無かったのです。       
気が変わったのは、テレビ番組で「扇沢駅のキミマロ?」カリスマ販売員
中里さんのトークが紹介され、一度本物にお会いしたくなったからです。


・12時前に扇沢駅に着いたのですが、残念!今日はお休みでした。ユーチューブで沢山紹介されています。
立山中里さん



・目的の中里さんに会えず嫌な予感。階段を上ってバス、降りると今度は下り階段。夫のボヤキが始まりました。
IMG_5779.jpg IMG_5783.jpg

・ダムサイトで記念写真を撮っていただいて、少し気分が和らいだ様子だったのに…
記念写真


・ながい歩きに加えて、またもや階段上りが待っていました!
IMG_5791.jpg IMG_5792.jpg



・くろべ平駅では、立山連峰より「東一の越からタンボ平のBCルート」の確認に余念がありません。
IMG_5799.jpg



・ギュウギュウ詰めのロープウェイにダメ押しされ、やっと室堂に着きました。残雪の多さにビックリです。
IMG_5819.jpg

DSCN3636.jpg

DSCN3642.jpg

DSCN3643.jpg

DSCN3644.jpg



・ライチョウさんのお迎えに、気をよくして「みくりが池温泉」に着きました。
IMG_5829.jpg



・数日前から体調不良の私は、温泉とライチョウさんに癒されます。
IMG_5837.jpg

IMG_5846.jpg IMG_5844.jpg



・午後3時。チョッと後ろ姿が寂しそうですが、「雄山ルンぜ」を滑ると言って、一人で出かけていきました。
IMG_5831.jpg



ここからは夫のレポートです                                                        


・「一ノ越」を目指していくと、気が変わった。今日は龍王岳を滑ってみようと。雄山ルンぜの雪は山頂まで続いていますが。
DSCN3646.jpg DSCN3647.jpg



・一ノ越山荘下から谷沿いに浄土山へ。白と茶色のまだら模様は、新雪が作り出したものです。
DSCN3650.jpg



・一番左のピークに小さく見えるのが、龍王岳とのジャンクションにある富山大の観測塔。ガスが覆ってきました。
DSCN3651.jpg DSCN3654.jpg

・出発から一時間半で、観測塔のあるジャンクションに着きました。ガスが濃くなったので、ここから滑降することにします。
DSCN3657.jpg



・浄土山方向には回り込まず、直接ジャンクションからカールに向かって滑るのです。
DSCN3659.jpg



・出だしは急でした。縞模様がカールの底への水の流れを現しています。室堂へは、左にトラバースしていきます。
DSCN3662.jpg



ふたたび私のレポートに戻ります                                 


・5時ころには戻ると言っていたので、室堂山荘まで迎えに行くと、疲れた様子で戻ってきました。
IMG_5852.jpg

IMG_5856.jpg IMG_5857.jpg



・夕食は6時から。お品書きのとおり、山小屋とは思えないお料理でした。中でも、白エビのお造りはお勧めです。
IMG_5868_20170620101107b2a.jpg IMG_5861.jpg
IMG_5862.jpg IMG_5866.jpg



 16日。今日の私は、スケッチと散策に温泉三昧。夫は山崎カールBCスキー


・夜半には、大雨と強い風が吹き荒れました。夫が躊躇するような姿に、私は今日も湯治をメインにします。
DSCN3668.jpg DSCN3667.jpg

IMG_5877.jpg



・朝食はバイキング。好きなものだけを、とても美味しくいただき、コーヒータイムで晴れるのを待ちました。
IMG_5879.jpg IMG_5883.jpg

IMG_5869.jpg



・期待どおり青空が見えてきました。待ちかねたように出かける夫。やはり寂しそうな後ろ姿です。
IMG_5886.jpg

IMG_5873.jpg



今日も、ここからは夫のレポートです    


・室堂山荘付近までくると、雄山の山頂まで見えるようになり、みるみるうちに雲が消えて、一時は快晴状態になった。
DSCN3669.jpg



DSCN3670.jpg



DSCN3676.jpg



・室堂平は一面の雪の下。昨年に比べると、一か月くらい雪解けが遅れているように見えます。
DSCN3678.jpg


・一ノ越山荘からの龍王岳。昨日、Yの字になったルンぜを滑るつもりだったが、ガスに巻かれて諦めています。
DSCN3681.jpg


・山頂には先行者の凛々しい立ち姿。天候は回復したけど、北風が強く寒い。神社の陰に隠れて休みます。
DSCN3683.jpg


・剣岳。山頂右から平蔵谷に落ち込んでいる、大脱走ルンぜとインディアンクロワール。エクストリームスキーの世界です。
DSCN3691.jpg


・槍ケ岳遠望。すこしガスに隠れてしまっていますが…。見つけると、訳もなく嬉しくなってしまいます。
DSCN3687.jpg


・山頂からの、室堂平と大日岳。
DSCN3693.jpg


・神社北側から山崎カールを覗き込むと、きれいな雪がドンキーイヤーズロック風岩塔まで、途切れなく続いています。
DSCN3694.jpg


・気温が低いので、急斜面はガリガリと音を立て、慎重に滑っていきます。
DSCN3695.jpg


・カールの底の雪は柔らかく、ホッと一息です。妻からの連絡で左手にコースをとり、写真を撮ってもらうことにします。
DSCN3696.jpg



ここから私のレポートにかわります。


・尾根の陰に隠れていた夫の姿が見えてきました。写真に収まるよう、携帯で打ち合わせをしながら…。
IMG_5939.png


・ちょうど対岸にいましたから、発見した後は手に取るように見ることが出来ました。私に向かって降りてきました。
IMG_5939(1).png


・いったん私の見えないところまで下り、こんどはスキーを背負った姿で現れました。
IMG_5907.jpg IMG_5908.jpg



立山ルート図



・ミドリガ池わきを通り、みくりが池温泉まで戻り、まず温泉に浸かります。私も何度目かの温泉に。
DSCN3700.jpg DSCN3701.jpg 



・風呂上がりにラーメンとおうどんで昼食。サービスいただいたアイスクリームで、湯治とBCスキーが終りました。
IMG_5910.jpg IMG_5911.jpg



・帰りもボヤキそうだった夫ですが、大観峰にもいたカリスマ販売員ご一同様に救われました。
IMG_5916.jpg


・なぜか、帰りの方が楽しめました。「くろニャン」に見送られて、扇沢駅に帰ってきました。
IMG_5926.jpg IMG_5932.jpg




扇沢駅で、またまた夫が訊いています。残念でした。平社員の中里さんは
午前中で勤務が終わってしまったのだそうです。「人気者なんで平日の1日
休めればよい方かなぁ」と同僚の方。ご無理をされないように願っています。







hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[山スキー
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/570-24ae793b
trackback