山と自然の贈り物の記録
29年梅雨が明けた「模様」です





関東甲信地方も梅雨が明けた「模様」と、発表がありました



・空梅雨と高温が続き、お花達も疲れ気味。そんな中でも、頑張っているものもあります。
RSCN4164.jpg


DSCN4137.jpg RSCN4165.jpg
DSCN4161.jpg RSCN4167.jpg
RSCN4172.jpg RSCN4171.jpg


RSCN4181.jpg




お天気が不安定なので、山行の合い間に上半期を振り返ってみます


 二回もの、偶然過ぎる再会がありました。

① 地元の鍋足山へお花見に出かけた時のこと。狭い林道の終点に
停まっている車に出発準備中の姿。見覚えがあるスドウさんご夫婦。
曜日も時間も違うのに、出発準備をしていたのは同じお二人とは…

② 5月の槍ケ岳BCスキー。山荘直下の急登を登りだす時に降りて
来られたオジサン。もしかして去年も来ませんでしたか?と問われて
ビックリでした。一年も前、同じ場所、同じくらいの時間にお会いして
いたようです。登るのに必死で、お名前を聞けなかったことが残念…。



 平ケ岳のヤマレコに、私たちを写した写真が二枚

① 平ケ岳山頂から大白沢山ジャンクションへの帰路。先に滑った私が、夫の滑りを撮っている場面。
平ケ岳滑降


② 良くみてみると、この赤いテントも私たちのもの。この日のために急遽購入したスコップで、雪を積み上げています。
平ケ岳テント




 そう言えば、他にもそんなことがあったね、と溯ってみました。


① 某氏のブログ2012年5月。富士山頂直下。ブルーのザックに二台のファンスキー。偶然見つけた夫の後ろ姿です。
富士山②




② 2014年4月25日槍ケ岳山荘スタッフブログ。部員4名のうち2名は私達のようです。この日は横尾の
避難小屋から出発し、小屋明け準備中のお昼休み時間。スキーヤーのお兄さんとボーダーのお姉さん
が、お先に~と滑っていきました。登り返す準備をしているところに滑り込んで、拍車をいただきました。

槍沢BCスキー部



偶然の一枚とか、奇跡的な再会とか、そんなにある話ではないのに…。
「運が良かった」ことなら、「運を使いきらないよう」に。もうすぐ夏山です。







スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[日常
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/575-f3d1ae7d
trackback