山と自然の贈り物の記録
29年晩夏の飯豊山

003_top1sdgsdg.gif




快晴の予報どおりではないけど、ほどほどに青空が広がって、草履塚の9時ころまでは本山がクッキリでしたが…
DSCN4577.jpg


3日、大日杉小屋に向かうと、少しの冬型のせいかにわか雨。4日、高気圧が分かれた影響か、雲に追いかけられました。
天気① 天気③



台風一過で、全国的な晴れ予報。山にはいきたいけど、心の準備が…
などとボヤキの夫。重い腰を上げ、一人でやっと出かけたレポートです。



無雪期は初めての飯豊本山。日帰りで山頂を目指します


・40年も前の二度のBCスキーは川入から。今回は大日杉小屋から地蔵岳~本山~あわよくば地蔵山へとグルっと回れるか?
ルート②



3日夕方、小雨の中を大日杉小屋に着いた。夕方なのに15台くらい駐車中。と言うことは山小屋に泊まっているということか。
DSCN4513.jpg DSCN4514.jpg



明日に備えて登山口を確かめたり、大日杉小屋の水道やトイレの位置を
確認しているところに、大きなワンボックスが1台。私と同年くらいの女性
一人。車で暮らしながら、百名山を目指しているとのことです。呆れている
と、もう一台到着。こちらは山口からのご夫婦で、こちらも百名山ハンター。
この後に、大朝日岳にも行くそうです。話についていけそうにありません。



・今日は地蔵岳~切合小屋~本山往復~地蔵山の周回予定だが、疲れたら地蔵岳から降りよう。コースタイムで約17時間位。
およそ12時間あれば…午後3時ころに帰るには、3時には出発したい。なのに良く寝てしまい、4時15分過ぎになってしまった。
DSCN4516.jpg DSCN4517.jpg


・4時半には明るくなると思っていたのは間違いで、ライト頼りの登りで、船酔い状態。吐き気を抑えるよう、ゆっくり一歩一歩。
やはり今日の足跡だった。地蔵岳を過ぎると、前の方からクマ除けの鈴の音がする。昨夕の、ワゴン車で百名山の方でした。
DSCN4518.jpg DSCN4519.jpg



・「御坪って、なんか由緒ありそうな名前だな」と思っていたら、花いっぱいの坪庭みたいなのが数か所。これが所以かなぁ!
RSCN4617.jpg

DSCN4525.jpg

DSCN4528.jpg DSCN4521.jpg
DSCN4527.jpg DSCN4530.jpg



・間もなく「穴堰」の道標。県指定の文化財とあるけどパス。切合小屋へは小沢を二本横切ります。
DSCN4604.jpg

DSCN4535.jpg


・雪が消えたばかりの沢沿いには、花がいっぱい。あと一か月もしないうちに冬が来てしまうとと言うのに、頑張ってるねぇ!
DSCN4551.jpg

DSCN4546.jpg

DSCN4540.jpg DSCN4542.jpg
DSCN4543.jpg DSCN4547.jpg
DSCN4554.jpg DSCN4557.jpg



・切合小屋は素晴らしい。外観は地味だけど、トイレは水洗と書いてあるし、沢水が小屋前まで引かれています。
小屋に宿泊者の姿はなく、昨日、本山小屋に泊まって大日杉小屋に下山するという女性の方が一人休んでいただけ。
DSCN4560.jpg

DSCN4561.jpg DSCN4562.jpg



・草履塚への登りは、尾根の東側を巻くように路がついている。ここも遅くまで雪が残りそうな地形で、水が流れて花も一杯だ。
RSCN4619.jpg DSCN4564.jpg

DSCN4569.jpg

DSCN4571.jpg

DSCN4575.jpg

DSCN4581.jpg



・写真に夢中になっていると、誰もいなかった後ろから足音。川入からと言うけど、とても速いペースで駆け抜けていった。
DSCN4580.jpg



・草履塚では青空が広がっていたのに、姥神様あたりからはガスに覆われ始め、どんどん濃くなり、すっかり白一色に。
DSCN4593.jpg



・御前坂にあえいで本山小屋に着くころ、ご褒美なのかガスが切れて、青空もチラチラと見えだした。
DSCN4586.jpg

・多分、開けっ放しの被害が多いのだろう。気持ちは分かるけど…ちょっと気分を害する、しつこい注意書き。
DSCN4587.jpg DSCN4588.jpg



・ここまで6時間。地蔵岳までの船酔い気分から考えると、まずまずのペースでした。
DSCN4591.jpg



・往路では気づかなったのに、一瞬でも青空に歓迎されてゆとりが出たせいか、こんなハートも見つけました。御前坂を下り終えるころ、下からクマ除けの鈴。あの「ワゴンで百名山」の女性でした。昨夜は、日帰りは無理かも…と言っていたけど、その気満々だ
ったのを隠していた様子。楽勝じゃない?と声をかけると、イヤイヤと顔を振ったけど、内心は手応えをつかんでいるようだった。
DSCN4592.jpg



・切合小屋で地蔵山周回するか迷ったが、濃くなるガスに30分位近い往路を戻ることにして、また写真に熱中。
DSCN4596.jpg

DSCN4603.jpg


・御坪の付近で出逢ったのは、昨夜駐車場でご一緒した山口からのご夫婦。ノンビリ山行も良いけど、もう12過ぎですよ。
DSCN4609.jpg RSCN4620.jpg
RSCN4621.jpg DSCN4599.jpg
DSCN4610.jpg RSCN4622.jpg



御坪から地蔵岳まで、こんなにアップダウンがあったかな。とても遠く感じた。
やっと下りベースになったら、これも長いし急な感じがする。久しぶりの山行で
疲れも出てきた。長い鎖場を過ぎると駐車場は近い。元気になって駆け下って
いくと道を譲ってくれる女性の方。見たことあるような? お会いしましたっけ?
と聞くと、「今朝、切合小屋で」。そうかそうか道理で、と言いながら追い越そう
とすると、「エーッ、追い越すんですか!」ときた。お互い、お疲れさまでした!



・合計10時間弱、2時過ぎに戻れました。「いいでの湯」で汗を流し、7時前には我が家でビールにありつきました。
DSCN4616.jpg



・山行中とても気になったのに、往復10分を惜しんでしまった「穴堰」とは?驚きました!上杉鷹山のお力のようです。
穴堰飯豊
穴堰の説明







hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[HG日帰り登山
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/583-318bc379
trackback