山と自然の贈り物の記録
29年夫がコキアデビューです





16日。世界の憧れのコキアに、夫が重い腰を上げました



・私は毎年お友達と出かけるのですが、紅葉時期は激込みではと夫は無関心でしたが、雨続きでコキアデビューです。
IMG_3963.jpg


IMG_3968.jpg IMG_3967_201710171240385a5.jpg



コキアの丘の頂上を目指していると、ハプニングです。通路の左端から右端の友人を撮ろうとするおばあさん。私達は足を止
めて撮り終えるのを待ちます。でも、構えたまま。アングルへのこだわりなのか、構えて構えて、ずぅっと撮らない。さすがに
娘さんらしい方が「待っているから早く」と何度もせかしたら「通っていいよ」ですって。それを娘さんが咎めると「どうせ言葉が
わかんないよ」だって。真っ黒に日焼けした夫を、インバウンドと間違えたらしい。夫は「すげぇーッまた間違えられた」と笑って
いたけど、悲しい日本人がいるものです。白人にはニコニコするけど東南アジア系だと……にする。早く治したいものですね!



IMG_3965_201710171240376ac.jpg

IMG_3977.jpg IMG_3971.jpg



見頃になったコキアですが、薄暗い雨空に12月の寒さと風。悪条件が重なって、私から見れば閑散としていました。
雨にもめげないのがツアーの皆さん。そして我が家の夫。雨降りで空いているだろう、と出かけて来たものですから…






スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[日常
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/594-71a20b7b
trackback