FC2ブログ
山と自然の贈り物の記録
29年秋野菜はとても元気です





久しぶりに聞いた「秋の長雨」と言う言葉。お野菜達は?



・バターナッツカボチャはとっくに収穫を終えたのに、いつまでも繁殖し続けたツルクビカボチャ。でも、寒さには弱い様子で
こんなに枯れてきました。収穫出来そうに赤くなったもの多数。そうでない緑色のものはゴロゴロと数十個。喜び切れません。
DSCN5040.jpg



・一番奥がゴボウで、収穫に辟易しています。真ん中が植え替えをしたネギ。手前は春から植えたままのネギたち。
DSCN5041_201711202133029fc.jpg



・九州の銘品を生んだタカ菜。秋の長雨が好きだったのか、とても元気です。
DSCN5030.jpg



・こちらも九州で栽培されているというカツオ菜。お雑煮には欠かせないものだと聞いています。
DSCN5031.jpg



・赤ダイコンと早生のダイコン。これらも、例年になく虫の被害がなく、柔らかく育ってくれました。
DSCN5034.jpg

DSCN5035.jpg



・白菜・大根・赤ダイコン・聖護院大根・人参と一枚の畑が一杯になっています。
DSCN5036.jpg



・寒さが厳しくなって、サトイモの葉が枯れてきました。収穫が大変なので、そろそろ始めましょう。
DSCN5038.jpg



・こちらの畑は、時間差で蒔いたお野菜達。もう少し寒く、年が押し詰まってから収穫出来るようにしました。
DSCN5039.jpg



・昨年からの自然栽培。ワサビ菜や高菜、カツオ菜は、こうして雑草の中から顔を出し繁殖しています。
DSCN5042.jpg




春野菜も良いけれど、やはり秋冬野菜が一番のような気がします。みずみずしさ
や柔らかさ、なにより虫の被害が少ないのも嬉しい。完全無農薬栽培ですから…






スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[農業日誌
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/602-42c26a39
trackback