山と自然の贈り物の記録
29年晩秋の我が家の庭





山では、昨年より早い紅葉。我が家は少し遅れているような…



・西金砂マラソンの日も寒かったけど、冬将軍がおこしになるとのことで、左花ユズ、右大実ユズを収穫しました。
DSCN4969.jpg DSCN4972.jpg



・いつになく咲き誇る菊のお花。この時期、お花の種類が少なくなるため、ハナアブがたくさん飛び交っています。
DSCN4973.jpg DSCN4976.jpg

DSCN4992.jpg DSCN4977.jpg



・今年のダンコウバイは、黄色が映える前に茶色に変化してしまい、すこし不満。鉢植えのクヌギの黄葉は見事です。
DSCN5027.jpg

DSCN5021.jpg



・今は無き、会津の駒止峠から頂いてきた実生のカラマツ。今年は黄金色に輝く前に、散ってしまいそうです。
DSCN5053.jpg

DSCN5124.jpg



・今年の庭の黄葉がいまいちだったのに比べ、紅葉は鮮やかす過ぎるほどになりました。
DSCN4986.jpg

DSCN5061.jpg

DSCN5055.jpg



・毎年、9月の一週目に種を蒔いているコスモス。今年も10~20センチの背丈に、可愛いお花を咲かせてくれました。
DSCN5043.jpg

DSCN5048.jpg



・庭の様子をカメラに納めていると、お客様。時々離れますが、また舞い戻り、一日中最後の秋を池の端で過ごしていました。
DSCN4966.jpg




これから3カ月くらい。我が家の庭も茶一色のモノトーンの世界になりますが、
3月からはアズマイチゲやカタクリの季節が巡ってきます。冬眠間近で~す。






スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[我が家の自然
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/605-b741e365
trackback