山と自然の贈り物の記録
29年湯沢源流モミジ谷

003_top1sdgsdg.gif




湯沢源流のモミジ谷も興味津々ですが、ヒラタケの方が…
(私はお友達のリース作りのお手伝い。以下は夫のレポートです。)



・24日。湯沢源流への目的は、第一がヒラタケ採集。そして第二に、モミジ谷紅葉の進み具合を確認すること。 驚きました!
こんなところに大型バスが停まっています。湯沢源流から篭岩に向かったか、釜沢越から篭岩山に向かったかのどちらかです。
DSCN5078.jpg



・釜沢越への尾根筋から見た紅葉は、例年と少し違っています。モミジの赤も、ダンコウバイの黄色も今一です。
DSCN5083.jpg DSCN5084.jpg

DSCN5085.jpg DSCN5105.jpg



・釜沢越から湯沢源流を渡り、「裏縦走路」という怪しげな名前の源流の左岸尾根を辿ります。
DSCN5086.jpg



・一昨年からだったか、この山域の笹が枯れ始め、ご覧のような光景に。お陰様(?)で明るくなりました。
DSCN5088.jpg



・このあたりの谷と言う谷は、すべてがモミジに覆われています。意外に紅葉が遅くて、あと一週間位はかかりそうです。
DSCN5089.jpg DSCN5090.jpg
DSCN5092.jpg DSCN5093.jpg



・多分ここが湯沢源流第一のモミジ谷。竜神川のモミジと同様に、12月ならないと見頃にはならないようです。
DSCN5094.jpg

DSCN5095.jpg



・尾根筋では、2年前に採集したムラサキシメジを探したけど姿無し。ヒラタケを求めて湯沢源流の「源流」に降ります。
DSCN5098.jpg

DSCN5104.jpg



・あったあった! ほんの少しだけだったけど、大きなヒラタケです。これからも頑張って生き延びてもらいたいものだな!
DSCN5099.jpg



・昨日かなりの雨が降ったから、普段は涸れている源流にも水が流れています。時雨れた雨も上がり、落ち葉にも冬景色。
DSCN5102.jpg

DSCN5101.jpg



・釜沢越に戻る頃には、朝にも増した青空に。ほとんどの木々は緑ですが、色づき始めたものは、こんなに鮮やか。
DSCN5109.jpg

DSCN5112.jpg

DSCN5107.jpg



・駐車した位置から男体山方向を眺めると、男体山・入道岩・長福山。長福山が、こんな富士山似だったとはね~。
DSCN5117.jpg

DSCN5116.jpg

DSCN5119.jpg



・ヒラタケもモミジ谷の紅葉も、期待したほどではなかったなぁ。でも一番の大物がこれ。昨年は2キロも採りましたからね~
DSCN5122.jpg







hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[茨城の山
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/607-9b2cf377
trackback