FC2ブログ
山と自然の贈り物の記録
29年冬には冬の楽しみが





寒菊に冬を感じているところに、もうスイセンのお花



・寒々としてきたお庭を、彩ってくれる寒菊たち。早めに咲くものもありますが、寒さが増して鮮やかさも増しました。
DSCN5220.jpg DSCN5224.jpg



・このあたりの干し柿は蜂谷柿。11月上旬に終わってしまいますが、四国産のあたご柿は12月入ってから購入出来ました。
RSCN5221.jpg



・玄関わきに植えられた大実キンカンも、すこしずつ色づいてきました。
DSCN5217.jpg



・色は鮮やかになっても、実の大きさは変わらないように見えるのに、重たくて頭を垂れてきたナンテンの赤と白。
DSCN5227.jpg DSCN5226.jpg



・一輪だけですが、寒アヤメも。そうだ!スイセンが咲いていたけど気づいていた?と夫。
DSCN5212.jpg DSCN5215.jpg



・畑に咲き始めていた菜の花。夫は春の「恵み」と言っていましたから、食べるつもりだつたのでしょうが…
DSCN5223.jpg



・乾いた強い風が吹く今、自然の贈り物をいただける季節です。どうしたのか、今年のフウの実は小さく、数も少ないのです。
DSCN5232.jpg



・15㎝くらいある松ボツクリ。カナダとかマレー松とか海外種のもののようで、大王松の大きさにはかないませんが。
DSCN5235.jpg

DSCN5234.jpg DSCN5233.jpg



・これも海外種ヒマラヤスギ。シダーズローズと呼ばれているそうで、まるでバラの花びら。今年は、とても豊作です。

IMG_7564_20171229094744ef1.jpg

DSCN5229.jpg

DSCN5228.jpg DSCN5230.jpg




お庭の紅葉は完全に終わり、モミジ、カラマツ、コナラ、クヌギなど々
みんな葉を落としてしまいました。そんな中、春まで葉を落とさない
コナラやクヌギがあります。受験生がいた頃には「落ちない」と縁起
をかついで奉っていたものですが、本当に不思議。冬も楽しみです。






スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[自然
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/614-c27e5c07
trackback