山と自然の贈り物の記録
夏・秋山シーズンも終盤


003_top1sdgsdg.gif




10月の連休で、高い山は終わりです。

先日は、少し高度を下げて会津駒ガ岳に行ってきましたが、
紅葉も終わりに近づいていました。



これからは、いよいよ、近場の山。
奥久慈の山です。
このあと、12月上旬までは、紅葉が楽しめるし、陽だまり
ハイクもなかなかです。



今年の心残りは、北鎌尾根です。
来年は、夏のうちに出かけようと思っています。
着々とそろえた道具類、
スポーツ店で探すのは難しいですが、ネットで探すと簡単に
見つかります。




<ケブラーのパワーロープも見つかりました。
スチュバイのアルミ製8本爪アイゼンなんてマニアックな
ものもあります。
驚きは、折りたたみのヘルメットまでありました。>
IMGP0548.jpg




<アークのザックはグラム単位で軽量化した18ℓULです>
<ストックもオールカーボンが軽量です>
IMGP0551.jpg




<アークの35ℓ、ノースフェースの28ℓのULザック>
IMGP0550.jpg



春の長次郎谷から、剣の頂上への雪壁でも安心できそうです。




春スキーの目標は、多すぎてとても1年ではトレースできそう
にありません。
夫が夢中になって、「引き回しの刑」に遭わないことを祈っています。




<初代のハイキングブーツ、毎日の坂道トレに参加させています>
IMGP0582.jpg




<今回購入した、富士山にも登れますブーツ、軽量です>
IMGP0580.jpg




<初代と軽量の中間ブーツ、最近はいつも山にお供です>
IMGP0579.jpg



毎日、1時間も坂道トレーニングをするなど、涙ぐましい努力をして
いる身にもなって欲しいものです。




hdfhdhd003_top2.gif
スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/71-5fc1b98d
trackback