山と自然の贈り物の記録
「陶芸友の会」スタンバイです

明日は12月4日。いよいよ、恒例のバザーが開催されます。

会員が、それぞれに工夫を凝らした作品を持ち寄っています。



・パンでクリスマスリース。今年は大きめに編み上げてみました。
IMGP1328.jpg


IMGP1330.jpg



・まとめてみると華やかになります。
IMGP1331.jpg




・タンホポポの綿毛を生かしたリースにコルクの台紙を張り、
松ボックリ、ツクバネ等をアレンジしてみました。
IMGP1332.jpg




・アップで見ると、綿毛がふかふかで、暖ったかそうにに見えます。
IMGP1333.jpg




IMGP1334.jpg




・山からの贈り物の・枯れ枝と、松ボックリを生け花風にアレンジをしてみました。
IMGP1344.jpg




・アップで見ると、山の雰囲気を感じるのは私だけでしょうか?
IMGP1343.jpg




・玉子の殻をトールペインティング用の絵の具で色付けし、多肉植物を植えてみました。
IMGP1340.jpg




・月桂樹の葉っぱに赤トウガラシは、色の対比で鮮やかです。
IMGP1365.jpg





・Nさん手作りの、正月飾りです。賑やかな正月が迎えられそうです。
IMGP1364.jpg



IMGP1363.jpg






・Nさんには、クリスマス用のリースも作っていただきました。
白いリースは清楚ななかに、雪のクリスマスもイメージできます。
IMGP1347.jpg



・赤トウガラシを散らしてみると、賑やかで楽しさに包まれた、
クリスマスをイメージできます。
IMGP1349.jpg



・赤を基調にすると、落ち着いた大人の雰囲気がでてきます。
IMGP1348.jpg





・コーヒーカップに、毛足の短い苔をアレンジしてみました。
IMGP1135.jpg





・Mさんには、かわいい動物の素焼きを作っていただきました。
もちろん、緑の苔をアレンジするために考えられたものです。
IMGP1134.jpg




・子供に大人気のコイノボリです。5月の節句が楽しみです。
IMGP1037.jpg




・昨年の作品ですが、クリスマスには欠かせません。
IMGP1038.jpg





本日の作品紹介は以上です。
明日の、バザー会場での「店舗」や、今日紹介できなかった作品は、後日アップしていきたいと思います。

スポンサーサイト
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[陶芸
comment
comment posting














 

trackback URL
http://snowdrop724.blog118.fc2.com/tb.php/84-496727b7
trackback