山と自然の贈り物の記録
30年 庭のお花達②





夜半に春雷が通り過ぎ、予報通りの暖かい一日となりました



・暖かい晴天が続くはずだったのですが、ぐずついています。そして24日夜半には春雷。日課の庭散策をしていた夫が
大きな声で呼んでいます。裏庭の排水溝近くに白いものが…。どうした訳か、此処だけにです。雹が降ったんですね~
DSCN5884.jpg

DSCN5886.jpg DSCN5885.jpg



・青空が広がるとグングン気温があがり、地味なお花だった「トサミズキ」も、こんなに華やかに輝いています。
RSCN5863.jpg



・角館土産のカタクリが、今年もお花をつけました。真上から少しずつ下向きになれば、間もなく開花します。
DSCN5866.jpg DSCN5883.jpg

DSCN5903.jpg

DSCN5908.jpg



・今は無き八幡平の澄川温泉で頂いた「キクザキイチゲ」。我が家では一坪半くらいの場所で繁殖して、私のお気に入りなお花。
DSCN5895.jpg

DSCN5875.jpg DSCN5896.jpg

・青花は一気に30輪ほど開花しましたが、白花は二輪だけ。こちらは夫の実家の裏山のものです。
DSCN5933.jpg



・哀しい思い。ムクドリに狙われたヒメコブシ。テグスのお陰でお花を見られたのに、翌朝にはこんな姿になってしまいました。
DSCN5860.jpg DSCN5859.jpg

DSCN5864.jpg DSCN5865.jpg



これからは、キクザキイチゲとニリンソウのコラボが一面に広がるのが楽しみ。
カタクリは、もう一株お花を付けそうだし、ヒトリシズカも少し顔を見せてきて、
御殿場桜と枝垂れ桜の蕾も弾けそう。今週の暖かさで開花の加速が楽しみ。





Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[我が家の自然
30年 庭のお花達①




春爛漫とはいきませんが、早春を彩るお花が次々と



・寒さに縮こまっていた菜の花。太陽が強くなったお陰か、淡い黄色が瑞々しく、お花も大きくなりました。
DSCN5818.jpg



・果樹園では、一面にオオイヌノフグリの青、青、青!  燦々と光りが降りそそぐ間だけの青が、目に痛いくらいです。
IMG_0117.jpg



・畑にもフキノトウは出てきますが、庭にもたくさん顔を出します。おもいっきり春の香りを、堪能させていただきました。
DSCN5749.jpg

DSCN5778.jpg DSCN5779.jpg



・最初に紅梅が咲き、つづいては南高梅。美味しい梅をと思って植えたのですが、なかなか大きくなりません。
DSCN5742.jpg



・少し遅れて咲きだす、?梅。名前は分かりませんが古くから庭の隅にあったもの。梅酒、梅ジュースにと重宝しています。
DSCN5751.jpg

DSCN5783.jpg DSCN5785.jpg



・庭に桜が欲しくて、旅先で購入した「啓翁桜」も咲きだしました。「河津桜」も植えたのですが、少しいじけてしまっています。
DSCN5807.jpg

DSCN5814.jpg DSCN5809.jpg



・最初に咲きだしたダンコウバイは終わりを迎えていますが、こちらは二番手。どうして時期がずれるのか不思議てす。
DSCN5757.jpg

RSCN5840.jpg



・元気過ぎるトサミズキ。「株立ち」なのか「ひこばえ」なのか、根元から密生して枝が伸びてきます。
DSCN5822.jpg



・お花だけ見ると、ダンコウバイと区別が出来ないほど似ているアブラチャン。小さいお花が、とっても愛らしい。
DSCN5832.jpg

RSCN5839.jpg



・園芸物の「雪割草」。土質が合わないのか、3年くらいで姿を消してしまうので心配していましたが、今年も元気です。
DSCN5763.jpg

DSCN5775.jpg



・こちらは夫の実家の山から採ったもの。葉っぱのトンガリから見ると、ミスミソウだと思っています。
DSCN5769.jpg

DSCN5770.jpg



・新潟などの雪割草は、色とりどりだそうです。一先ず一輪咲きましたが、年を追うごとに勢いがなくなったように見えます。
DSCN5837.jpg



・毎年悔しい思いをする「姫コブシ」」。ムクドリの好きな香りを放つのでしょうか?テグスで防御線を張りましたが、またしても…
RSCN5848.jpg

RSCN5850.jpg RSCN5849.jpg



庭のお花で一番の楽しみは、間もなくのアズマイチゲ。カタクリ、ニリンソウ、
ヒトリシズカ、イカリソウ等も好きですが、30年も前から我が家の一員です。





Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[我が家の自然
30年 クリスマスローズが満開





春○番の暖かい日が続き、クリスマスローズが華やかに




・菜の花が花開き、マンサクが満開に、ダンコウバイがほころび始め、寒アヤメも見違えるよう生き生きとしてきました。
DSCN5719.jpg DSCN5722.jpg

DSCN5716.jpg

DSCN5712.jpg

DSCN5710.jpg




春を謳歌し始めた庭木などに負けられないと、クリスマスローズたちも…


・植え替えや施肥がうまくいったのか、今年はとっても花茎が長くなり、見応えのあるお花に育ってくれました。
DSCN5650.jpg

DSCN5635.jpg DSCN5651.jpg DSCN5655.jpg DSCN5657.jpg

DSCN5694.jpg

DSCN5684.jpg DSCN5687.jpg
DSCN5691.jpg DSCN5692.jpg

DSCN5652_20180310200034879.jpg

DSCN5695.jpg DSCN5696.jpg
DSCN5700.jpg DSCN5701.jpg



・ひょっとして?と思って覗き込んでみたら、ミスミソウまで…。今年もお花を付けて、満開になるのも間もなくです。
DSCN5702.jpg





Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[我が家の自然
30年 マンサクが咲きました





マンサクが春を連れてきたと思ったら、寒の戻りも…



・これが1月27日の、久慈川を流れるシガ。今年は何回も見ることが出来て、とても寒い冬の印象でしたが…
DSCN5369_20180222140313b07.jpg



・あれから一カ月も経たないのに、春の使者。今年もマンサクが咲きだしました。
DSCN5499.jpg

DSCN5496.jpg DSCN5494.jpg



・暖かいうちにと畑の収穫にと出かけると、自然の恵み。自生した菜の花が目につきました。
DSCN5488.jpg

・厳冬で白菜、カツオ菜、高菜は少し疲れ気味。健やかなダイコンに元気をもらいます。
DSCN5489.jpg



・お天気予報を余り気にしないまま寝たところ… 。22日、夫のはしゃいだ声で起こされました。雪の朝はいつもこうです。
DSCN5507.jpg DSCN5509.jpg



・直ぐに止むと思っていたのに、時折り激しくボタン雪が舞って、ますます元気な夫。
DSCN5514.jpg

DSCN5512.jpg



そろそろBCスキーにも出かけたいのに、3月にも夫のマラソン参加。
昨年の12月初めから、骨盤なのか、腰椎なのか腸腰筋なのか?が
痛むと言っていた夫。勝田でフルを走った後「治ったみたい」と言って
いたけど、練習量を増やしてみて、ぶり返したらしい。珍しく整形外科
に行って骨に異常が無いのを確認し、次に整体に出かけてストレッチ
で疲労と痛みを取ることを教わり、素直に実行する夫になっています。




Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[我が家の自然
30年 大雪なのに春一番も!





14日。北陸や中国地方は「春一番」が吹いたそうです


・1月中から膨らんでいたネコヤナギが、顔を見せてきました。関東も春近しです。
DSCN5457.jpg



・日差しが暖かくなるのを待っていた紅梅も、やっと花びらを広げてきました。白梅はまだまだ先のようですが…
DSCN5478.jpg RSCN5480.jpg



・12月に収穫して追熟させていた「甘夏」。結実が少なく忘れていたのを、見つけ出しました。
DSCN5444.jpg

・酸っぱさは抜けましたが、ジュースが少なめ。今年はもう少し早く収穫して追熟させてみよう。
DSCN5448.jpg



・ケーキや、果実酒にした柚子。余り物を倉庫にしまっておいたら、腐りだしてしまいました。
DSCN5454.jpg

・傷んでいないものを絞って、柚子ジュースに。皮は冷凍して、薬味に使いましょう…
DSCN5460.jpg



・私が見つけた卵状のシダローズ。珍しいので玄関に飾っておきました。
IMG_7867.jpg

・夫が傍を通った時に、ザッザーッと音がして崩壊が始まりました。俺じゃないよ!と弁解しながらも研究熱心です。
DSCN5463.jpg DSCN5469.jpg


・せっかくだから、どうなってるのか見てみよう!と残りを剥がしていくと、こんな姿になりました。
DSCN5473.jpg

DSCN5474.jpg



俺がぶつけたんじゃないよ!機が熟せばこんなふうに崩壊して種をバラまいて
いくんだ!とは夫。春を待っていたシダローズ。お花が咲き競うのはもう少しです。





Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[我が家の自然