山と自然の贈り物の記録
29年春のお花達①






クリスマスローズが満開!山野草も少しずつ少しずつ



・畑ばかりではなく庭でも、フキノトウが次々と膨らんできています。
DSCN2236.jpg DSCN2237.jpg
DSCN2238.jpg



・マンサクの花期は長いものですね。一番最初に花をつけ、今でも盛んです。
DSCN2270.jpg DSCN2288.jpg



・ダンコウバイも庭の気候に慣れてきて、枝一杯に可憐な花を付けています。
DSCN2285.jpg DSCN2274.jpg
DSCN2290.jpg



・弟分のようなお花は、アブラチャン。一昨年は花を付かなかったのに、今年は一杯です。
RSCN2316.jpg RSCN2315.jpg



・トサミズキは成長力強くて、毎年毎年勢力を広げてきています。
DSCN2292.jpg DSCN2314.jpg




・鉢植えが多いのですが、最近では地植えもあるクリスマスローズ。
DSCN2303.jpg

DSCN2245.jpg

DSCN2244.jpg

DSCN2248.jpg

DSCN2250.jpg

DSCN2251.jpg

DSCN2252.jpg

DSCN2253.jpg

DSCN2277.jpg

DSCN2262.jpg



・ほとんどのものが下向きに顔を伏せてしまうので、なかなか素顔が見られません。
DSCN2298.jpg DSCN2297.jpg DSCN2228.jpg DSCN2231.jpg DSCN2232.jpg DSCN2258.jpg DSCN2259.jpg DSCN2261.jpg



・雪割草も咲きましたが、昨年までのピンクやムラサキはどうしてしまったのだろう?
DSCN2281.jpg RSCN2291.jpg



・河津桜がイジケてしまいました。ここ数日も氷が張っているからなのでしょうか?
RSCN2243.jpg DSCN2284.jpg



・顔色の悪いのが、ショウジョウバカマ。山のものはピンクにになるのに…
DSCN2301.jpg




多くのお花達は、次第に庭の自然になじんできて元気になってくるのですが、
消えて行ってしまうものがあります。シラネアオイは三年くらい、イワウチワは
冬にやせ細る。雪割草もそうなのかなぁ。庭も畑も自然栽培。頑張ってね…!






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[我が家の自然
29年芝焼きの季節です





30日。予報通りのぽかぽか陽気。そうだ!芝焼きだ!




・今年は乾燥しきっています。お陰様で、例年になく炎が順調に広がっていきます。風もほどほどです。
DSCN1943.jpg DSCN1942.jpg
DSCN1946_201701312048310f3.jpg DSCN1951.jpg


・ほんとうに今年は楽です。風邪を送らなくとも、どんどん広がって、こんな模様を…。
DSCN1954.jpg




・フッと気が付くと、我が家の紅梅やロウバイが咲きだし、白梅ももうすぐの様子です。
DSCN1960.jpg DSCN1963.jpg




・そうだ!忘れていた乾燥野菜も作ってみよう。ニンジン、ダイコン、ネギをスライスしてみました。
DSCN1939.jpg DSCN1938.jpg DSCN1940.jpg
DSCN1937.jpg




我が家の芝焼きでは、役割分担が出来ています。消火用の水の
準備と灰の整理は夫。私は、ひたすら火付け役。夫が「火をつけて
いる姿は子供の火遊びみたいだな」と失礼なことを言います。これ
はこれで大変なんですよ!ともあれ、いままでになく、順調でした。






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[我が家の自然
28年冬間近な庭の様子





毎年フリマの日に、冬枯れ前の様子を記録しています



・先月20日にお会いしてから、毎日のように、確認しに出かけています。風景に溶け込み、越冬してくれそうですね。
DSCN1542.jpg



庭の木々も、そろそろ冬支度を迎えます。今年もいろんな姿を見せて
くれて感謝いっぱい。日本庭園から雑木林へと、改造中なのですが…


・ダメと決めつけていたダンコウバイも、鮮やかな黄葉に。
DSCN1483.jpg

・赤いコナラと、赤と黄のドウダツツジ。
DSCN1484.jpg DSCN1489.jpg

・黄色が鮮やかな、クヌギ。
DSCN1477.jpg

・赤いコナラもありますが、こちらは黄色のコナラ。
RSCN1495.jpg



・駒止峠の茶屋が廃業された時、いただいたカラマツ。こんなに大きく育っています。
RSCN1497.jpg

RSCN1499.jpg RSCN1498.jpg



・縁起が良いと言われる南天の実。紅白がととのいまして、新年を迎えられそうです。
DSCN1479.jpg DSCN1478.jpg




最近のニュースでは、渡り鳥のオオハクチョウやナベヅルから高病原性
鳥インフルエンザが検出されたとかで、余り大きな声で鶴を見に行こうと
言いにくいのですが…。全く人を恐れず、警戒もしない、どこかで買われ
ていたようなコハクチョウの動向が気になっています。これから落穂も少
なくなってくるだろうし、何を食べて越冬するのかな。越冬できるのかなと。








Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[我が家の自然
28年庭の紅葉も進んでいます




今年の秋は、里山の紅葉・黄葉ががきれいです!




DSCN1162.jpg




夫の紅葉予報通り、奥久慈の山々はそれなりに彩りを増して
きています。寒暖の差だとか、水分量とか言われていますが、
通説通りにならないらしくて、なぜか里山が鮮やかなのです。



・庭では、カラマツが少しずつ黄ばんできました。
DSCN1135.jpg


・イワシノブがこんなに綺麗に色づいたのは初めてです。
DSCN1130.jpg



・ニシキギは真っ赤な葉に、赤すぎる実がついています。
DSCN1142.jpg

DSCN1132.jpg



・ガマズミは、例年より勢いがありませんが、鮮やかさはさすがです。
DSCN1133.jpg


・アブラチャンも初めての色づきですが、撮影が少し遅れました。
RSCN1152.jpg


・ブナも例年になく黄色。早く大木になってほしいなぁ。
RSCN1053.jpg



・どういう訳か、黄葉したり紅葉になったり変化があるリョウブ。
DSCN1144.jpg

DSCN1159.jpg



・一人だけ残念なのがダンコウバイ。鮮やかな黄色にほど遠い色です。
DSCN1161.jpg

DSCN1154.jpg




・寒い日もありますが、やはり暖秋でしょうか?いつの間にかイチゴが美味しそうに!
RSCN1054.jpg RSCN1055.jpg




先日、那須烏山市に住む姉が我が家に来た時、道中の常陸大宮市境の
紅葉がきれいだったと言っていました。フ~ン、そうなのかなぁ!くらいに
聞いていましたが、行ってみて驚きました。ほんとうに綺麗でした。とくに、
黄色の多さ。道路脇にも、こんなにダンコウバイがあったの?驚きでした。









Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[我が家の自然
28年ミニコスモスが咲きました





9月中旬に種を蒔くと、草丈10㎝くらいでお花が咲くのです




・一斉に種を蒔いたのに、今年の草丈は10~30㎝とバラつきがあります。
DSCN0940.jpg


・小さなお花は2㎝くらいで、草丈も10㎝くらい。けな気に頑張って咲くのですが、種はほとんど出来ません。
DSCN0971.jpg DSCN0970.jpg




・例年にも増して、たくさんの実を付けたツルウメモドキ。葉が黄葉し始め、間もなく真っ赤な実が見られそうです。
DSCN0951.jpg DSCN0953.jpg
RSCN0968.jpg RSCN0958.jpg
DSCN0965.jpg




・蕾のまま終わってしまうこともありますが、リンドウが咲きだしました。
DSCN0956.jpg


・おだやかな一日。盆(凡)裁ふうに鉢植えにした雑木が色づき…
RSCN0964.jpg


・ドングリから育てているクヌギの葉も、黄葉してきました。
RSCN0963.jpg




・冬が近いことを感じさせる、ツワブキの黄色いお花。
RSCN0962.jpg DSCN0948.jpg RSCN0961.jpg




今年の夏は、干バツが続いたかと思っていると9月の長雨。10月は
暑かったり、寒かったり。とても不順で、紅葉も畑作にも戸惑いの多い
年でした。そんなときこそと頑張るものもあって、自然は不思議です!






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[我が家の自然