山と自然の贈り物の記録
29年浄土平にたどり着けず




雪が沢山、全国的に晴れ予報の14日に、浄土平に出かけましたが…



吾妻スカイライン

14日天気⑤ 14日天気



・快晴です。吾妻小富士の雪ウサギが太めなのは、残雪がたっぷりの証です。
RSCN2779.jpg



磐梯吾妻スカイライン入り口のゲートで、ストップがかかりました。先客の
車が一台と、私たちの後からも次々と到着します。天気図のとおり昨日に
雪が降ったのです。夫も気にしていて、道路規制を確認してから出かけて
来たのに、除雪が終らないので通してくれないのです。浄土平の従業員
さんを乗せた車は追い越して入って行ったのに、と詰め寄りましたが警備
の方が困った様子を見せるだけ。見込みが分かったら連絡をいただくこと
にして、少し下った共同浴場で♨に浸かって、時間を潰すことにしました。



・温泉組合が運営するという共同浴場。なんと、大人250円と激安。少し気分が治まってきました。。
IMG_5037.jpg


・せっかくだからと、別利用金1,000円をお支払いして、家族風呂を利用してみました。
IMG_5030.jpg



・白い湯花にコバルトブルーのお湯。硫黄の香りに包まれて一時間ゆったりと過ごしました。
IMG_5034.jpg IMG_5035.jpg

IMG_5032.jpg





湯上りも、ゆっくりと休んで体を冷まし、気を取り直して再びのゲート前。
相変わらずラチがあきません。そういえば、昨年も除雪していて足止めを
されたような気がします。スタッドレスを履いた車だけ通していただけて、
登れたのです。今年は。良い温泉に浸かれたので、諦めて帰りましょ。




Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[温泉
29年春のお花達③





鍋足山~畑のワラビ~家に帰ると庭のお花が花盛りでした



・黄花カタクリはとても成長が遅く、ツンとした花茎がググッと曲がり、やっとカタクリの姿になりました。
DSCN2358.jpg DSCN2601.jpg
DSCN2647.jpg DSCN2713.jpg



・イカリソウは、はじめに黄花が咲きだし、ムラサキのものが追いかけてきました。
RSCN2696.jpg RSCN2726.jpg
DSCN2780.jpg DSCN2781.jpg



・少し地味ですが、紫色の小さなお花を開かせたチョウジザクラ。
DSCN2716.jpg DSCN2714.jpg



・仙台枝垂桜とニワザクラのお花も咲きました。
DSCN2782.jpg

DSCN2764.jpg RSCN2778.jpg



・ニリンソウは日に日に数が増し、花茎も伸びてきて華やかになりました。
DSCN2718.jpg



・イチゲのお花畑は一坪半くらい。今年は花付きが良く、ニリンソウとのコラボもあって、賑やかです。
DSCN2741.jpg

・白花にピンクっぽいもの。むらさきのお花では、単衣に二重、八重咲まで。庭の中で変異してきました。
DSCN2728.jpg DSCN2731.jpg
DSCN2743.jpg DSCN2747.jpg
DSCN2748.jpg DSCN2752.jpg

DSCN2786.jpg

DSCN2788.jpg

DSCN2758.jpg




私たちの街のソメイヨシノは、今が満開です。東京の開花宣言から
何日経つのでしょう。少しずつ開花してくるので、少し喜びが少ない
ような気がしますが、アズマイチゲのように、例年にないような元気
ものもいます。雪山とお花、そして畑の収穫と楽しい季節なのです。






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[我が家の自然
29年春の鍋足山

003_top1sdgsdg.gif





そろそろお花の季節かな? と鍋足山に出かけました

マラソン大会翌日の10日。明日も雨だというので、今日がチャンス。
同じように考える方に、またまた出会ってしまいました。林道終点に
着くと、出発準備中のお二人が。まさか、この前の方?間違いない!
前回は1月10日。そして今日は4月10日。出発準備中の所に私達
が到着するという偶然。「日立アルプス」のスドウさんご夫婦でした。



・私たちはコースを辿らず、コルから獣道を下ってショウジョウバカマをみてから、林道へ。岩尾根に
取りつき、シュンランのお花を探してから、二峰を目指しました。 ショウジョウバカマが見頃です。
DSCN2676.jpg DSCN2658.jpg

DSCN2680.jpg

DSCN2681.jpg DSCN2683.jpg



・獣道らしく、今年もイノシシのヌタ場が行く手をさえぎります。
DSCN2660.jpg



・シュンランの時期には少し遅かったらしく、数株しか見ることが出来ませんでした。
DSCN2674.jpg DSCN2662.jpg



・二峰下の縦走路に出ると、ダンコウバイの黄色にお出迎えいただきました。
IMG_5024.jpg

IMG_5023.jpg



スドウさんご夫婦は先に本峰に着いていました。なぜか賑やかだったのは
またもや偶然の出会いがあったようです。盛金富士でイワウチワをみてから
来たと言う郡山のご夫婦。初対面ですが、共通の友達がいたのだそうです。



・今日のお目当て、イワウチワを見に岩場を下ります。 数が少ないような… お花が小さいような…
DSCN2673.jpg DSCN2671.jpg

DSCN2667.jpg



・暗~い杉林の中に、アオキの実の赤がとても鮮やかでした。
DSCN2686.jpg




・松ぼっくりも拾ったし、気分良く鍋足山から帰る途中。我が家の畑に寄ると、ワラビが蕨がこんなにも…。
DSCN2691.jpg DSCN2687.jpg

・期待通りどころか、驚くばかりの芽吹きですが、アク抜きをして、美味しくいただいています。
DSCN2692.jpg



・ワラビが採れたなら… 家に帰りついて裏庭へ。これも美味しそうですが、今日はワラビで満足です。
DSCN2641.jpg DSCN2642.jpg

DSCN2638.jpg




鍋足山のお花は少しものたりませんでしたが、畑のワラビには
大満足です。昨年とほぼ同じ時期に芽を出しましたが、その数
がケタ違いです。探して採る楽しみはなくなりましたが、嬉し







hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[茨城の山
29年日立桜ロードレース






大子マラソンを上回ることを目指して、桜並木をスタートしました



日立桜ロードレース




・偶然です。ご近所のSさんと娘婿さんにも出逢い、雨模様の中を出発していきました。
IMG_5011.jpg IMG_5009.jpg

IMG_5007.jpg




・時々土砂降り状態の悪天候でした。出発してから二時間過ぎ、雨水を滴らせながら戻ってきました。
IMG_5017.jpg IMG_5019.jpg



・2時間くらいで…と言っていたのですが、大子より3分遅れの結果でした。
① 日立②



参加し始めた十年くらい前には、楽に2時間が切れていたのに、
次第に遅くなってきています。トレーニングを始めたら、ビールと
ご飯が美味しくなって…と、体重が落とせない夫。それに加えて
頭から靴先までずぶ濡れで重たかったのでしょう。でしたね。






Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[マラソン
29年西吾妻山BCスキー

003_top1sdgsdg.gif





那須の痛ましい雪崩事故から一週間が過ぎました。私達も「それみたことか!」と言われない登山を目指します。
DSCN2517.jpg


4日天気 5日天気




4日も晴れるようですが、低温・強風を避けて、5日に西吾妻山BCに



・初めての、天元台スキー場。ここのペンションにもお泊りしたかったのですが…
DSCN2503.jpg


・初心者向けとは言いますが、良く整備されたゲレンデは、とても楽しそうです。
IMG_4923.jpg



・我が家の庭では春のお花達がいっぱいなのに、ここは別世界。いきなりモンスターのお出迎えを受けました。
DSCN2512.jpg

IMG_4924.jpg

DSCN2513.jpg

DSCN2519.jpg

DSCN2521.jpg

IMG_4929.jpg



・稜線に出ると、 オッオー ペンギンみたいなモンスターの群れが。とても4月とは思えない西吾妻山です。
DSCN2523.jpg

DSCN2526.jpg

DSCN2527.jpg



・今日は、とても余裕のあるコースだということもありますが、ペンギン、ペンギンにカメラ、カメラと忙しい。
DSCN2533.jpg

DSCN2539.jpg

DSCN2542.jpg

DSCN2545.jpg

DSCN2551.jpg

DSCN2553.jpg



・西吾妻避難小屋の赤い屋根が見えてきました。若女平コースへはなんの標識も見当たりません。ガーミン様さまです。
DSCN2558.jpg

DSCN2562.jpg

DSCN2566.jpg

IMG_4958.jpg

IMG_4956.jpg



・視界の利かない込み入った樹林帯。コースどりと重い雪に四苦八苦。古い標識に元気づけられて、若女平に着きました。
DSCN2569.jpg DSCN2574.jpg

DSCN2572.jpg

DSCN2575.jpg



・谷を挟んだ右手対岸に、今朝の出発点、天元台ロッジ。この先にあるナイフリッジとは、どんな様子でしょう?
DSCN2576.jpg



・雪の状態にもよりますが、ファンスキーの私達には狭すぎることはありませんでした。
DSCN2578.jpg

DSCN2580_20170408144103416.jpg



・ほぼ夏道通りに下降しましたが、最後が一番の難所。杉林に入るまでの、高差50㍍くらいがボコボコでした。
DSCN2581.jpg DSCN2584.jpg



・除雪の済んだ西吾妻スカイラインを少し戻り、ロープウェイ駐車場、そして温泉に。休業らしい西屋を諦め東屋に入りました。
白布温泉東屋


・私はすぐに温泉でリラックスしたいのに、「西屋はどうしたんですか?」とシツコくフロントに尋ねている夫に呆れます。
IMG_4961.jpg


・東屋さんは、とても良いお風呂がそろっていました。柔らかなお湯とひなびた感じが素敵でした。
IMG_4965_20170408151132966.jpg IMG_4964_201704081511321f8.jpg

IMG_4963.jpg



6日なると、天気は大荒れになりました。昨日のBCスキーは、千載一遇の
チャンスでした。コース上の雪質や残雪量を推測して出かけてみましたが、
一つだけ見誤っていました。今時のモンスターにペンギン。こんなプレゼント
があるとは思っていなかったのです。自然の贈り物なのに夫が自慢げです。







hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[山スキー