山と自然の贈り物の記録
30年 勝田全国゜マラソン




夫が三年ぶりに、勝田全国マラソンに復帰しました!




勝田②



2005年、55歳のときに初めてフルマラソンに参加。、毎年走り続けていたのに
14年に風邪でキャンセル。15年には走ったものの、直後の健康診断で心臓病
との診断。柴又100Kウルトラマラソンなども走り、健康そのものだったのに…
とキツネにつままれたようでした。三回の手術と、少しずつ山や走りでリハビリ
を進めて、昨年6月には柴又60Kも完走し、久しぶりに勝田に戻ってきました。



・私が陣取るのは22㎞手前の曲がり角。寒さをものともしないランナーが、次々と走り去っていきます。
IMG_7849.jpg IMG_7850.jpg


・友人のHさんは自己記録更新狙いと、アッと言う間に通過していき、トイレと補給を済ませた夫もレースに戻っていきます。
IMG_7854.jpg IMG_7855.jpg



・夫の結果は…。もともとネットで23分がベストでしたから、30分も切ることが出来なかったことにガックリです。
お友達のHさん。記録狙いと言っていた通り、ネットタイムで3時間44分。余裕でサブ4を達成する快走でした。
DSCN5392.jpg
DSCN5391.jpg


・13年のタイム。この位が平均だったようです。14年は風邪(インフル)でキャンセルでした。
勝田2


・夫が満足そうにゴールしたのに、こんなに遅くなったのかと驚いていた15年のタイム。
勝田1



以下は夫自身の評価と反省の弁です

勝田3


20㎞まではほぼ予定通りの走りが出来ていたのに、妻の私設エイドでの
トイレが失敗のもとだったと思う。空いていたと言うのに、急に行列ができた
らしく、トイレと補給で5㎞のラップを5分以上落としてしまった。休み過ぎた
反動なのか、それからの走りのペースが上がらない。加えて、降り出した雪
も影響したかもしれない。 ふくらはぎも、ハムストリングスも硬直してきた。
救いはBよりCのタイムが上回ったこと。Cは交通規制が解除されて信号待
もあったのに、すこ~しだけ最後の意地を見せられようで、すなおに嬉しい。


明けて翌日。私はインフル、夜にはまたもや雪が…


DSCN5393_20180130110955891.jpg



27日から少し咳が出ていたのですが、軽い風邪だとばかり思っていました。
熱がなく体調も悪くはなかったのですが、29日になって咳がひどくなってき
たので念のために病院に行くと「残念でした~インフルB型です」との診断
をいただきまして、昨日お世話した夫に、これから一週間お世話になります。



Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[マラソン
30年 シガ、シガ狂騒曲




めったに注目を浴びない茨城ですが、袋田の滝、シガと…



「最強の寒波」のお陰様。NHKだけでなく民放でも、寒波のニュース映えする
「袋田の滝の凍結」や「神秘のシガ」を、さかんに放映していただいています。



・茨城県のHPでも、「袋田の滝」や「月待の滝」などの凍結状況ライブ映像が、アップされています。
袋田①
袋田③ 袋田②



・滝の本格的な凍結も久しぶりですが、近年はマボロシ扱いだった「シガ」も見られる寒さが到来しました。
シガ①



IMG_7817.png


シガ②



・27日。ワクワクする、と言う予報に川山橋へ。オッ、オーッ。流れているというより、流氷に覆いつくされています。
DSCN5339.jpg

DSCN5345.jpg



・今度はどこまで流れているか見たくなり、川沿いに降り最適ビューポイント「久野瀬橋」に。路駐が多くて渋滞していました。
DSCN5362.jpg


IMG_7825.jpg


DSCN5358.jpg

DSCN5363.jpg

DSCN5369.jpg



・こうなったら、どこまで流れているか追い詰めよう!と夫。常陸大宮市境の平山橋付近も大規模に流れています。
橋に名前が書かれていないので、地元らしい人に「平山橋ですか?」と聞いたのに、「地獄橋だ!ここまで流れるのは
子供の時以来だ!」と興奮しています。夫が「平山橋」はどこですか」と重ねると「平山橋とも言うが地獄橋だ」ですと…
DSCN5374.jpg

DSCN5379.jpg

DSCN5373.jpg



・昔の山方町市街地の手前にある橋の上。かなり量が減ってきましたが、まだまだシガが流れています。
DSCN5389.jpg

DSCN5380.jpg




今週いっぱいは寒波が続き、毎日シガが見られるそうです。国道118号も渋滞
が続くことでしょう。今、袋田の滝の結氷は95%。完全結氷が期待されています。






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[自然
30年 干し芋作りに誘われて





24日。干し芋作りに来る?と、お友達に誘われた一日



・お芋を蒸かし始めたところで、「お昼は餅で良い?」正月の残り餅と思っていたら、まさかの餅つきから始まったのに驚きです。
IMG_7799.jpg IMG_7795.jpg



IMG_7800.jpg



・サツマイモがほどよく蒸しあがったら、皮をそぎ落とすように剥いていきます。
IMG_7808.jpg IMG_7809.jpg



・切り分けは専用のスライサーで。ピアノ線を張った、こんなスライサーがあったんですね~。
IMG_7814.jpg

IMG_7812.jpg



・サツマイモは、暖かいうちに広げないと張り付いてしまうそうなので、用意して頂いた
発泡スチロールの箱に入れてから、クラフトや洋裁に絵本のことまでに花を咲かせて…
IMG_7802.jpg



・家に帰って、さっそくエビラに。きっと、私を一回りふくよかにしてくれるでしょうね~
IMG_7816.jpg




私達が、餅つき・干し芋作りに夢中なころ、我が家の夫は勝田マラソン
の亡霊に取りつかれていたようです。いつも練習不足に泣かされている
ので、今度こそ!の思いが強く、雪の残る中を風と戦っていたようです。



勝田③



Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[日常
30年 大雪が降りました!





雪が降るかもしれない!確率は60%くらいですが…



・22日の朝。凍ったフロントガラスに、雪を待っている目を書きこんで、お迎え準備です。
IMG_7692.jpg



・昼過ぎから粉雪が舞い始め、予報は60%から大雪に変わりました。
DSCN5316.jpg

DSCN5317.jpg



・夕方、日没前には大雪予報が本物になってきました。
DSCN5320.jpg



・左が降り始めで、右は夜半と朝の積雪模様です。
DSCN5312.jpg DSCN5333.jpg
DSCN5314.jpg DSCN5323.jpg



・雪国の方には笑われてしまいますが、ほとんど降らない当地では、とっても嬉しい光景なのです。
DSCN5325.jpg


・明けて23日。どんなに積もったか、ワクワクして眠れない一夜だったのに、15㎝くらいの積雪でした。
DSCN5331.jpg


・庭に出ているものは、全部綿帽子をかぶっていました。まるで小学生の通学帽のように…。
DSCN5329.jpg DSCN5327.jpg DSCN5332.jpg DSCN5330.jpg




・大雪の後にしては珍しく、とても気温が低い。近所の田んぼも、こんな雪景色。
IMG_7788.jpg


・朝日に温められて湯気が立ち昇り、モヤとなってたなびく姿は雪国のようです。
IMG_7793.jpg



東京では、毎度お決まりの転倒骨折、スリップ交通事故が多発している
とニュースが流れています。お気の毒ではありますが、せっかくの雪です
から楽しめるといいですね!明日から、本物の最強寒波だそうですから。






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[自然
30年 寒さに負けないで





寒さに負けるものと、負けないで元気なものの差は?



・四季咲きのクレマチス。地味ですが、寒さをものともしない逞しさです。
DSCN5301.jpg



・左は昨年は実を付けたレモンですが、体調不良です。右、今年は元気な温州ミカンと夏ミカンが、青々・活き活きです。
DSCN5304.jpg DSCN5306.jpg


・左は寒さに弱い大実キンカン。霜に負けて真っ白です。右、普通のキンカンが、今でもジューシーで黄色に輝いています。
DSCN5310.jpg DSCN5303.jpg




・巷では高騰しているという白菜。ミニ種ですが、霜除けシートをかけたので、今が旬です。
DSCN5308.jpg



・余ってしまった種。遅い時期に蒔いたので、小ぶりですが薫り高く、少しずつ育っています。
DSCN5309.jpg




体調が悪いと霜に負けてしまったり、寒さが早く来たので育たないか
心配していたダイコンやニンジンが少しずつですが成長したり、まるで
人間模様です。お野菜達に元気をもらった夫は、年々タイムが悪くなる
マラソンを復活させるのは「元気さ」と悟ったようで、6月の柴又は久々
に100Kにエントリーしていました。どうぞ、お野菜達に負けないで!







Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[農業日誌