山と自然の贈り物の記録
29年栂海新道ワンスモア

003_top1sdgsdg.gif





食事が美味しい、ルートが素晴らしい、紅葉も…私も栂海新道に


IMGP5339_20171007092534cee.jpg



・29日は高気圧の前面で予報通りではないが、30日昼から31日にかけては快晴、と力説する我が家の予報士。
29日 30日② 1日 白馬天気③



夫は一週間前に、猿倉から白馬岳を越えて小雨の栂海新道を一日で駆け
抜けていたのですが、余りの興奮ぶりに私も魅かれて栂海新道ワンスモア
と相成りました。今回は、北又小屋口から入山して朝日小屋、白鳥小屋と
二泊三日の山旅。今までは日帰り主体で、二泊するのは初めてになります。


 一日目。北又小屋~イブリ尾根~朝日小屋(6時間40分の行程)


・8時過ぎ北又小屋に着くと、9時じゃなかったのと?管理人さん。遅い入山予定を心配した朝日小屋から連絡があったようです。
IMGP5217_20171002182402aa2.jpg IMGP5218.jpg



・初めから急登だと聞かされていましたが、登りやすいブナの林が続き、美味しそうな?キノコが大迫力でした。
IMGP5222.jpg

IMG_6529.jpg

IMGP5226_20171003030648a8b.jpg



・振り返ると、北又小屋が見えます。夫の予報通り、薄黒い雲がどんどん覆ってきて、心配な空模様です。
IMGP5220_20171003030647fda.jpg

IMGP5236.jpg

IMGP5240_2017100303064659c.jpg IMGP5241.jpg




・オッオー、海が見えるぞ!と大きな声。富山湾が見えて感激してしまいましたが、この後は当たり前の光景になるのです。
IMGP5245.jpg



・十合目のイブリ山に着きました。でも「もうすぐ朝日岳」ではなかったのです。霧雨に霞んでいる、あの上に隠れているのです。
IMGP5249.jpg

IMGP5250.jpg

IMGP5253_20171003031200328.jpg IMGP5255_20171003031159d45.jpg




・朝日岳なのに「夕日が原」とは。前朝日岳の西面をトラバースしていくと、ゴツゴツした岩の間にも池溏が現れました。
IMGP5270_201710030335323b0.jpg

IMGP5259_201710030335348fd.jpg IMGP5262_20171003033533955.jpg

IMGP5263_201710030343444f8.jpg

IMGP5264.jpg

IMGP5266.jpg IMGP5273_2017100303353094f.jpg



・そして、ゆるやかな丘を こ・え・る・と… 突然目の前に現れたのが、朝日平の朝日小屋。 1時前に着きました。
IMGP5272_20171003034622ad8.jpg

IMGP5276_20171003034621e85.jpg



・空いていたためか、日本海が見える部屋に二人。個室待遇になりました。一段落して外に出ると、さっきまでの曇天が嘘のよう。
IMGP5278_20171003034621346.jpg

IMGP5280.jpg



・4時45分から、夫ご推薦の夕食。偏食ではありませんが、余り得意でないものがある私でも…完食してしまいました。
IMG_6545.jpg



・談話室に管理人さんの履歴をうかがわせるグッズや、本がそろっています。明日の「栂海新道」を読みふけってしまいました。
IMG_6549.jpg IMG_6550.jpg




 二日目。朝日小屋~朝日岳~栂海山荘~白鳥小屋(11時間30分の行程)



・4時過ぎは満天の星空。快晴の筈だったのですが、おいしい朝食をいただいて外に出ると、すでに曇天。山頂の日の出も…
IMGP5286_2017100303461909a.jpg

IMGP5288_2017100303461876d.jpg

IMGP5291_20171003043914b8a.jpg



・しだいに雲が晴れて、西側には富山湾がうっすらと見えてきました。この後、何度も見えるのにその度に感動してしまいます。
IMGP5290_201710030439131ce.jpg



・冷たい強風が吹きつける「吹上のコル」。手袋をしていても指先が凍えます。あの白く見える標識から先が「栂海新道」です。
IMGP5292_20171003043913990.jpg

IMGP5295_20171003043912a05.jpg



・やっと、暖かい日差しが届いてきました。縫って歩く灌木が色づき始め、湿原の草紅葉もきれいです。
IMGP5304_201710030439103c4.jpg


IMG_6558.jpg


IMGP5296_20171003043911910.jpg

IMGP5305_20171003045612f07.jpg

IMGP5308.jpg

IMGP5312_201710030456101cb.jpg

IMGP5314_20171003045609dbc.jpg

IMGP5319_20171003050543918.jpg IMGP5320_201710030505430b9.jpg


・長栂山からアヤメ平の紅葉も素晴らしかったけれど、ここ黒岩平はさらにすごい!これでもか!の雄大な湿原の紅葉です。
IMGP5321_20171003050542eda.jpg

IMGP5322_20171003050541ffc.jpg

IMGP5326_2017100305054046b.jpg IMGP5325_201710030505407b4.jpg

IMGP5329_201710030514348ea.jpg

IMGP5331_201710070930556b1.jpg

IMGP5333_20171003051433ca6.jpg

IMGP5336_2017100305143250b.jpg

IMGP5338_20171003051432312.jpg



・黒岩平の紅葉に感激の夫と私ですが、遥か彼方、犬ヶ岳にかすかに栂海山荘の姿。やっと水場までたどり着きました。
IMGP5347_2017100305143055e.jpg IMGP5346_2017100305143004f.jpg



・犬が岳山頂。すぐそこに見える赤い屋根が、栂海山荘。写真には入っていませんが、左手奥にに白鳥山。まだまだ遠くです。
IMGP5349_201710030524540ac.jpg
IMGP5348.jpg

IMGP5350_2017100305245366d.jpg IMGP5352_20171003052452d4f.jpg



・屋根とグルリは真っ赤に塗られていますが、正面は緑色です。パンフには定員50名ですが、ここには40名だとあります。
IMGP5354_20171003052452798.jpg

IMGP5355.jpg IMGP5356_20171003084818c4b.jpg



・今日のゴールは白鳥山頂の白鳥小屋。とても遠く長い道。小さいながらもアップダウンも次々と。
IMGP5357_2017100308481663b.jpg

IMGP5358_20171003084817af0.jpg



・夏場は涸れると書いてありますが、雨がつづいたので流れています。タップリ水を汲んで小屋へと頑張ります。
IMGP5360.jpg  IMGP5359_20171003084814a71.jpg



・出発してから10時間弱。たどり着いた白鳥小屋には、マットや毛布が備わっていて、とても暖かい。窓から海も見えます。
IMG_6582.jpg IMG_6581.jpg
IMG_6583.jpg IMG_6584.jpg

IMGP5365.jpg



 三日目。白鳥小屋~坂田峠~尻高山~親不知海岸(5時間30分の行程)



・最後の朝を、最高のお天気で迎えることが出来ました。天体ショーを見る思いです。
IMG_6588.jpg

IMG_6591.jpg

IMG_6590.jpg

IMG_6595.jpg

IMG_6599.jpg



・暖かくて、とても清潔な白鳥小屋でした。少し心配だった野外のトイレも、怖がるほどでもなく、ホッと一安心しました。
IMGP5374_2017100309065246f.jpg



・シキワリの水場でタップリ水を補給し、坂田峠に着きました。でも、ここからが栂海新道の真骨頂。海まで長い道が続きます。
IMGP5375.jpg

IMGP5379_20171003090650d82.jpg

IMGP5381.jpg

IMGP5385_20171003091911533.jpg

IMGP5393_20171003091910093.jpg

IMGP5395_20171003091910072.jpg

IMGP5394_20171003091909eb0.jpg


・4時間弱で親不知海岸。日本海に手を浸し、疲れが少し和らぎました。パネルのイラストもほんわかしています。
IMGP5396_2017100309190863c.jpg




夫が一週間二度も通ったのには、訳があるのだそうです。朝日小屋や栂海新道
の素晴らしさを、早く私に見せたいと言うほかに…、もう年なので、体力や天気が
そしてスケジュールが、ぴったり合うのはそう無く、今回がチャンスだったのです。

たしかに、とてもすばらしい朝日小屋と良く手入れされた栂海新道でした。途中の
避難小屋もきれいでした。が…、とても長~い稜線には疲れました。黒岩平までの
たくさんの池溏や湿原は何回でも行きたくなりましたが、海までは最初で最後に
なるかな。朝日小屋ベースに、お花や紅葉の季節にノンビリしたいと思いました。







hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[北アルプス
29年秋色着々





夏空を見ないうちに、もう9月末。秋色が近づいています。



・雑草で覆われて原野のようになったスイカ畑。草刈りをして乾燥させると、秋の風物詩、野焼きの始まりです。
IMGP5185_20170925085219e43.jpg



・朝起きて庭に出ると、キンモクセイの濃く甘い香りが漂っています。ムラサキシキブの紫もつややかに。
IMGP5194_201709250852182cf.jpg IMGP5192.jpg



・庭の百目柿がすずなり。今年は当たり年らしいのです。柿の葉の紅葉は、いつ見ても不思議な文様を描きます。
IMGP5197_20170925085217d04.jpg

IMGP5188_20170925085216c7d.jpg IMGP5189_20170925085216c53.jpg



・例年は、大きな葉がボトボト落ちるのに、今年は葉が小さい。その分落ちる量が多く、枯葉の季節になりました。
IMGP5198_20170925085411851.jpg

IMGP5190.jpg IMGP5191_201709250854091a7.jpg




雨が多かったこの夏ですが、我が家のお野菜達は例年以上に元気に
育ってくれました。強いて言えば、南国生まれのパパイヤが、日照時間
の少なさから収穫できないくらい…。もう、秋冬野菜が芽を出しています。






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[我が家の自然
29年初秋の栂海新道

003_top1sdgsdg.gif





栂海新道は夏?それとも秋に歩く?夫が秋を運んできました



IMGP5093.jpg




今回も夫の一人旅です。台風一過の19日「朝まで雨が降っていたのに、急に晴れ
と言われてもねぇ…」とぐずっていた夫。前線通過とその後の弱い冬型を心配しなが
らも準備完了。20日の2時前に家を出て、猿倉から朝日小屋まで、翌日は栂海新道
を親不知まで歩くそうです。初めての朝日岳と栂海新道、思いっきり楽しんで下さい。


白馬岳の天気


20日 21日


栂海新道概略




 一日目。自宅~猿倉~白馬岳~朝日小屋                 
         
・早朝(?)2時に高速に乗ると、北関東道は群馬県内で通行止めの案内。大朝日岳の時にも
福島県内の事故で仙台まで迂回したのにまたもや。今回は工事ですから、調べておけば…
出鼻をくじかれたが、圏央道から迂回して八方に。タクシーで猿倉に着いたのが7時少し前です。
IMGP5065_20170923184203d10.jpg



・大雪渓は荒れたところもなく、アイゼン無しでも楽に歩けた。今日のことより、明日の長丁場を考えてゆっくり登ります。
IMGP5066_201709231847306fd.jpg



・下山してきた方の話では、昨日は猛烈な風が吹き荒れ、今日も凄いよ!と、まさかの天気です。
IMGP5067_201709231847291ad.jpg



・気温も低くて登山者は皆さん冬支度。強風とガスで真っ白な山頂から三国境へ、逃れるように下ります。
IMGP5068_20170923184728540.jpg IMGP5069_201709231847271c2.jpg


IMGP5071_201709231847273fc.jpg



・雪倉岳に向かう「鉢の鞍部」。吹き飛ばされそうになりながら、早い秋をカメラにおさめます。
IMGP5072.jpg

IMGP5076.jpg

IMGP5075.jpg



・鉢ケ岳東面のトラバース道に入ると風もなく、雪が消えて日が浅いからなのか、いろんな花が咲き競っている。
IMGP5081_20170923185335dbf.jpg

IMGP5080.jpg

IMGP5082_20170923185333666.jpg

IMGP5086_20170923185608cd8.jpg IMGP5088_20170923185607fc2.jpg

IMGP5089_20170923185606f5b.jpg

IMGP5091_201709231856057ba.jpg IMGP5092.jpg



・そしてトラバース道が終わりに近づくと、再びの秋。目まぐるしく変わる季節に、自然の営みの凄さを感じさせれらる。
IMGP5095_201709231856045b1.jpg

IMGP5096.jpg



・雪倉岳との鞍部に避難小屋が見えた。普段なら楽しく下れそうな緩い砂礫なのに、耐風姿勢をとらなければならないほど。
IMGP5098_201709231956353d9.jpg



・とにかく、体が舞ってしまいそうになる、猛烈な風でした。
IMGP5103_20170923195634dff.jpg



・ツバメ平に降りると、湿原が続くようになる。湿原や池溏を期待していなかったし、木道が整備されていたことにも驚きです。
IMGP5109_20170923195634bc6.jpg IMGP5107_20170923195633634.jpg
IMGP5110_20170923195901af7.jpg


IMGP5111.jpg



・「アップダウンの激しい水平道」と揶揄される道を、朝日小屋に向かいます。
IMGP5112.jpg IMGP5114.jpg
IMGP5115_20170923195858a31.jpg IMGP5116.jpg
IMGP5123_20170923200228262.jpg IMGP5122_201709232002292a2.jpg


・立ち入り禁止の標識は、旧水平道。「より水平にならすために道を付け替えた」とのことですが…(新道からの俯瞰)
IMGP5121.jpg

IMGP5124_20170923200227490.jpg IMGP5125_2017092320022711c.jpg


・これはアップで撮ったもので、実際にはとても遠くに見えた。こんな時には意外と近いことが多い。そう言い聞かせて急ぎます。
IMGP5128_20170923200226e33.jpg


IMGP5129.jpg



・願いが叶って、心が折れる前にあっさりと朝日小屋。とても食事が美味しいと評判らしいので、期待でいっぱいです。
IMGP5131.jpg IMGP5132_20170923200608b59.jpg

IMGP5130_20170923200606ba4.jpg



・猿倉から8時間弱。ビールと日本酒に期待通りの夕食で、すっかり明日への体力回復が出来ました。
IMGP5133_20170923200605c5a.jpg IMGP5134_201709232006043e8.jpg
夕食 弁当



夕食中から強風に大雨が加わり、予報どおりと言えばそうなのですが、心配です。
8畳間に二人。同宿の方は昨年のリベンジだそうです。受け付けて記帳できない
ほど疲れて着いたところ、栂海新道は無理。ここから最短の北又小屋に降りなさい
と諭されて、敗退したのだそうです。明日は、1時起きで3時に出るそうです。私は
3時ころに起きて5時半頃に山頂の筈が…寝過ごしました!4時を過ぎて大慌て。



 二日目。朝日小屋~栂海山荘~白鳥小屋~親不知海岸                   


・小屋の外は真っ白で小雨も降っている。道が見えず、おかみさんから、違う違うもっと左などと、スタートから右往左往。
夜明けを待ってノンビリのんびり登ったのに、5時半過ぎにやっとライトをしまうことが出来た。いよいよ日本海へスタートです。
IMGP5135.jpg IMGP5136.jpg


IMGP5137_20170923201021daf.jpg


・湿原の向こうに人影。彼はすでに4時間。2時間遅れで出発し倍速で追いついた。白鳥小屋が目標らしいけど無理かなぁ。
IMGP5138_20170923201020faa.jpg


・時折り大粒になる雨模様。ガスで湿原や池溏が撮れないので、一先ずは足跡だけに。
IMGP5139.jpg

IMGP5140_20170923201018b68.jpg

IMGP5141.jpg IMGP5143_201709232013382db.jpg

IMGP5145_201709232013373c3.jpg

IMGP5146.jpg

IMGP5149_201709232013364f3.jpg



・派手な遭難碑と思いきや、栂海新道開祖の記念碑。ロマンあふれる道を、本当に有難うございます。
IMGP5150_20170923201615304.jpg IMGP5151_20170923201614708.jpg



・増築されて50名収容の栂海山荘。先着順に札を取り、その番号のブースを利用するシステム。整理整頓もすばらしい。
IMGP5153_20170923201613d2c.jpg IMGP5152.jpg

IMGP5154_2017092320161205a.jpg


IMGP5155_201709232018424d5.jpg IMGP5156_2017092320184127b.jpg
IMGP5157_20170923201841fe4.jpg IMGP5159_2017092320184032c.jpg
IMGP5160_2017092320183941e.jpg IMGP5161.jpg



・菊石山付近から晴れ間が出始め、9時過ぎには青空が広がった。いよいよ高気圧の中。右手には日本海が見えてきた。
IMGP5162_2017092320214626d.jpg

IMGP5163.jpg

IMGP5164_20170923202144ce6.jpg IMGP5166_20170923202143935.jpg


IMGP5167_201709232021435e1.jpg



・想像はしていたけど、それ以上に立派な白鳥小屋。ここも栂海山荘同様、きれいに整理整頓されていた。
IMGP5168_20170923202142480.jpg

IMGP5169_20170923202423e65.jpg

IMGP5170_201709232024227ba.jpg IMGP5171_20170923202422c92.jpg


・林道の峠というから、砂利道を想像していたら、立派な舗装道路。私は左の小道で尻高山へ。
IMGP5172.jpg

IMGP5173_20170923202420985.jpg IMGP5174.jpg
IMGP5175_201709232026472f2.jpg IMGP5176.jpg


・坂田峠からひたすら海まで下るのかと思っていたら大間違い。二度の林道を越え、入道山と二つの小ピークと…なかなかです。
IMGP5177.jpg IMGP5178.jpg



・やっと栂海新道登山口。恐ろしく交通量のある国道を渡り、親不知観光ホテル下の無料駐車場。
IMGP5179_20170923202644562.jpg

IMGP5180.jpg IMGP5183.jpg



・駐車場の案内板。標高差80㍍、距離400㍍が栂海新道の起点、親不知海岸。支えてくれたマスコットに感謝です。
朝日岳からおよそ9時間半。予定外の雨には降られたけど、涼しくて良かったのかもしれない。ロマンが一つ叶いました。
IMGP5182.jpg




数年前から、行ってみたいコースにピックアップしていたが、所詮ワンゲル
向きの藪山と侮っていた。感激してしまいました!全コース刈り払いされ、
湿原地帯には立派な木道。先日行った飯豊山のコースに比べても手入れ
が行き届いていました。今やメジャーコースになっていたんですね。こんな
楽しいコースを拓いてくれた「さわがに山岳会」の皆様には、感謝一杯です。
朝日小屋にも感激してしまいました。夕食も美味しかったけど、お弁当替わ
りの寿司も。私の好物「マス寿司」が絶品でした。マス寿司を食べながらの
山歩きなんて、思いもよりませんでした。そしてもう一つ。ウォシュレット~

朝日小屋のトイレは、水洗どころかウォシュレットでした。北陸新幹線開業の
効果だそうです。新幹線が出来ても、トイレが古く汚くてはお客さんが来ない
だろう、と宿泊施設に補助金が出ることになり、手を挙げたら承認されたのだ
そうです(おかみさん談)。お天気が許せば、今度は妻と二人旅の予定です。







hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:4   trackback:0
[HG一泊
少しは腕を上げた?





少しずつ、少しずつ、ロクロが回せるようになってきたかも?




・左はテレビで見つけた水琴窟もどき。乗せた粗目の素焼きの器に水を入れると、
水琴を奏でる筈なのですが…。 右のカップには、ブルーの釉を使ってみました。
IMG_6489.jpg IMG_6488.jpg



・釉を使い分けてみました。左は淡いグリーンで、右が濃いめの織部の風合いに。
IMG_6487.jpg IMG_6486.jpg



・蓋物は、フタを造るのか難しい~。器としっくり合うようにと、何度も手直しが…
IMG_6485.jpg IMG_6484.jpg



何事も同じなのかも知れない。今までできなかったことが、ある日突然
出来そうになる。すぐにはできないけど、繰り返すと、で、で来てしまう!
夫の叱咤激励もあるのですが、やはり自分自身のヒラメキ💡 頑張って
いると、神様が授けてくれるのかもしれない。もっともっと授けてほしい~






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[陶芸
29年初秋の燧ケ岳

003_top1sdgsdg.gif




紅葉にはすこし早いけど、足慣らしもしないと…と燧ケ岳に


・9日の方が天気が良さそうなのに、山小屋の予約が取れないため、日・月で。なんとか晴れはもちそうです。
燧岳天気② 燧岳天気③



7月の焼石岳長靴登山から、もう2か月。登山靴と勝手が違うのに
無理をしてしまったのか、腰を痛めてしまっていました。そのあとは
記録的な長雨で意気消沈。紅葉シーズンも間近になり、私の登山
モードにスイッチを入れようと、尾瀬散策の誘いがあったのです…


 一日目は、朝に自宅を出て御池ロッジから燧ケ岳往復                                    

・温泉小屋にお泊りしたかったのですが、閑散期で休業中。9時過ぎに御池に到着し、燧ケ岳を往復してロッジでノンビリです。
DSCN4623.jpg DSCN4624.jpg


・紅葉にはまだまだですが、御池の駐車場は満車に近かった。色づいた実や、咲き残りのお花がありそうです。
DSCN4625.jpg DSCN4627.jpg
DSCN4628.jpg DSCN4632.jpg
DSCN4634.jpg DSCN4636.jpg



・快晴の予報に反して、雲が広がったり、陽が照ったりです。お陰で涼しくていいや、と言う夫ですが私は汗が流れます。
DSCN4641.jpg



IMG_6413.jpg



DSCN4642.jpg


DSCN4646.jpg



・夫は昨年も登っていて、花がある筈だと言ってましたが、様子が合いません。あとで調べてみると、昨年は7月でしたから…。
RSCN4697.jpg DSCN4652.jpg
DSCN4653.jpg DSCN4657.jpg
DSCN4682.jpg DSCN4658.jpg
DSCN4661.jpg DSCN4668.jpg

DSCN4666.jpg

DSCN4678.jpg DSCN4669.jpg



・「広沢田代」はあんなに緑なのに、ここ「熊沢田代」はもう秋色。草モミジも始まっています。
DSCN4671.jpg

DSCN4672.jpg

DSCN4677.jpg



・BCスキーの時に、縦じま模様の残雪に見えたのは、山頂からの沢筋。ここには大急ぎで咲くお花が見られます。
DSCN4680.jpg DSCN4681.jpg

DSCN4686.jpg

RSCN4698.jpg DSCN4687.jpg



・御池から登ってきたのは私達が最後ですが、沼からは次々と上がってきて、にぎわい続ける山頂です。
DSCN4696.jpg

DSCN4689.jpg



IMG_6430.jpg



・チングルマに見送られて下山します。
IMG_6431.jpg



・3時前には御池ロッジに帰り着いて、さっそくお風呂に。左が夕食で右が朝食。簡素ですが私達にはお気に入りです。
IMG_6436.jpg IMG_6437.jpg




 二日目は、燧の湯で朝風呂、道の駅桧枝岐、昭和村のからむし織へ               

・夫が係員と話し込んでいます。私達が知っていたのは、建て替えられる前の古~いもの。駐車場には「新燧の湯」とあります。
IMG_6448.jpg IMG_6446.jpg
IMG_6444.jpg IMG_6438.jpg



次に立ち寄ったのが、OPENしたばかりの道の駅ですが、案内所ができ、駐車場も
整備されたくらいで、ちょっと残念。せっかくですから、もう少し何かが欲しかったなぁ!


・その後向かったのが、たびたびテレビなどで紹介されている、「からむし織の里」。昔は
時間が無くて機織り体験ができなかったので、時間のある今日は、と思っていたのです
が、そんな場所はありませんでした。昔の記憶で期待していたのですが残念…………。
IMG_6457.jpg

IMG_6453.jpg

IMG_6452.jpg

IMG_6454.jpg



今日は、いつになくお付き合いが良い夫です。帰り道では塩原温泉郷の一つ「新湯」
の白濁の湯につかり、「ついでだから、那須アウトレットでも」と言ってみると、すんなり
向かってくれました。どんな店があるのか、覗くだけのつもりでしたが、スポーツウェア
のお店が沢山あって、ついつい買い物も…。お陰様でスイッチはしっかり入りましたよ。







hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[福島の山