山と自然の贈り物の記録
29年BBQは暑かった~!





5月30日。「陶芸友の会」恒例のBBQが開催されました




・夏日のようなお天気に、私のお友達はタープの下に隠れてしまいました。一人元気な夫が、今日もシェフです。
IMG_5573.jpg



・朝採りのソラマメの直火焼きから。そのあとは、お肉と野菜に、焼きおにぎりと次々。暑さもあって、ビールが売れています。
IMG_5575.jpg IMG_5576.jpg


・幼稚園が終ってから参加した、Mさんの子Yちゃんは太陽に負けませんが、女子部は日陰に固まっています。
IMG_5577.jpg IMG_5571.jpg



・走り回り、岩にも登る、うらやましいくらいの元気は、私達にはありません。お相手は、もちろん子供に負けない夫です。
IMG_5579.jpg IMG_5580.jpg




とても暑い一日でしたが、食欲は暑さに負けていませんでした。いつもより
多めに購入したお肉だったのに、綺麗に平らげてしまいました。例年は、
お持ち寄りの料理もあって、お肉や焼きおにぎりが残ってしまっていたのに
珍しい完食でした。総勢13名のBBQ。お話、お話、食べて、飲んででした。






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[陶芸
私も上高地で同窓会





23日夜、夫が長野駅前で同窓会。私も上高地で35年ぶりに




DSCN3438.jpg



長野での5月中旬と言うと、私たちにとってはBCスキーシーズン。
今年も槍ケ岳に行こうと考えていたところだったので、23日に合わ
せようと計画をしてきましたが…21日は曇り、22日は崩れる予報
が続いたので諦めました。槍ケ岳は19日~20日に行き、いったん
帰宅して23日に再び長野に出かけることにしました。折角なので、
私も長野在住の友人と、35年ぶりの同窓会をすることにしました。

夫の同窓会は夕方からだったので、上高地でのニリンソウ散策の
私達の同窓会にBTまで同行して、あとは別行動予定。横尾まで
と言って走り出し、徳澤園での昼食に合流してくる予定なのです。




 早朝に我が家を出て松本駅で友人と合流。上高地から徳澤園を散策



・高校からのお友達で、大学時代に旅行や山登りに一緒に出かけ、いろんな楽しみを共にした彼女。今では長野在住
なのに、パワースポットとして人気の明神池は初めてだそうです。長いブランクなのに、お話が途切れることがありません。
IMG_5503.jpg IMG_5497.jpg IMG_5506.jpg IMG_5511_201705261742288fd.jpg



・乗鞍は良く行ったけれど、上高地は面倒な気がして…と、ニリンソウロードも初めてのようです。
RSCN3512.jpg

DSCN3461.jpg

DSCN3465.jpg




・ニリンソウの群落をキョロキョロと物色している様子なのは、「幸せになれる、ミドリの子」を探していたのです。
DSCN3477.jpg DSCN3485.jpg
DSCN3493.jpg DSCN3457.jpg
RSCN3514.jpg RSCN3517.jpg


・ミドリニリンソウと言っても、いろんな姿があるのが分かりました。今まで見つけられなかったのが、不思議なくらいです。
RSCN3515.jpg



・先日はニリンソウと同じくらい咲いいてたのに、すっかり姿を消してしまったミヤマカタバミ。
IMG_5357.jpg



・ミヤマカタバミに代わって咲き誇るようになったのは、サンカヨウ。
DSCN3504.jpg DSCN3496.jpg RSCN3508.jpg



・キスミレやツバメオモトなど可憐なお花が次々と。ニリンソウロードではなく、お花ロードですね。
RSCN3507.jpg DSCN3502.jpg



・積もる話に花が咲き、明神池やお花ロードにものんびりし過ぎて、夫の待つ徳澤園にやっと着きました。
DSCN3474.jpg

IMG_5516.jpg IMG_5515.jpg



・同じロードを帰るので、同じ景色と思ったのに、全く違う景色ににも出会えました。
DSCN3480.jpg




松本駅で友人を送った後は、夫の同窓会のある長野駅前に向かいます。
ホテルにチェックインし、私は温泉に。夫は出かけるのが嫌になったなぁ!
今日は誰の同窓会だったか分からないなぁ!と言いながら出かけました。





24日。帰るモード満々の夫を説得して、善光寺にお参りです。



・テレビなどでは拝見していましたけど、立派なお寺さんです。
IMG_5554.jpg



・参道両脇にある宿坊が、とても立派です。○○講の皆さんへの有り難いお話を、漏れ聞いていました。
IMG_5557.jpg IMG_5534.jpg

IMG_5553.jpg IMG_5537.jpg



・おごそかな威厳に圧倒されて、お線香の煙を体に振っり、安全登山を祈願しました。
IMG_5541.jpg



IMG_5543.jpg IMG_5546.jpg



IMG_5548.jpg




自宅に帰った、夫の開口一番。「俺の同窓会だった筈なのに、上高地と善光寺
しか記憶に残っていないんだ」「上高地はお前の同窓会だったしなぁ!」本当に
同窓会があったのか、不思議な感覚なのだそうです。朝に茨城を出て上高地を
一日散策したので、同窓会はおまけみたいだったのでしょう。お疲れさまでした。






Posted by tomo
comment:2   trackback:0
[日常
29年槍ケ岳BCスキー

003_top1sdgsdg.gif




槍ヶ岳と槍沢の大斜面に、今年も誘われてしまいました。



DSCN3376.jpg


・予想天気図はほとんど変わらないのに、お天気予報は日々変わります。
19日天気予報 21日天気予報



・気になる山頂付近の予報は、土曜日だけの晴れ間から、金~日曜日までの晴れに変わりました。

槍ケ岳天気予報①



槍ヶ岳天気図③




 19日。早朝に我が家を出て、今日は槍沢ロッジまで



・うすく春霞がかかっていた空が、上高地に着くころにはスッキリしてきました。岳沢の雪を見ると、槍沢が楽しみになります。
DSCN3314.jpg

DSCN3317.jpg

DSCN3318.jpg



・こんなにお天気が良いのに、徳澤園のテントサイトはガラガラ。驚いたのは横尾の様子。人っ子一人いないとは…。
DSCN3323.jpg DSCN3325.jpg



・ニリンソウロードは下山時に撮るとして、先を急ぎます。ユリワサビとヒメイチゲ。雪が多くてキスミレはこれからです。
DSCN3331.jpg DSCN3332.jpg
DSCN3335.jpg DSCN3337.jpg



・新しくなった二の俣谷の橋を渡り、しばらくすると残雪が多くなってきました。
IMG_5369.jpg

IMG_5370.jpg



・登山道が雪の下になると、間もなく「槍沢ロッジ」に着きます。
IMG_5371.jpg



・ロッジの前で先へと進む準備をしているのは、韓国部隊の皆さん。ババ平でテントを張るのだそうです。
DSCN3338.jpg





 20日。四時過ぎに出発し、槍ケ岳を往復して上高地に下山



・ババ平にはたくさんのテントがありましたが、ほとんどが韓国からの登山者ばかり。朝食の最中でした。
DSCN3339.jpg

DSCN3345.jpg

DSCN3343.jpg



・朝日を浴びだすと、夫はお得意のシャツ一枚に。気温が高くてアイゼンが滑ります。
IMG_5381.jpg




カールでお休みしてから、最後の急登で槍ヶ岳山荘を目指します。間もなく下山して
きたオジサンが「もしかして去年もお会いしませんでしたか?13、4日の頃ですが」。
そうです。昨年も13日に登っていたのです。それにしても奇跡的な再会ですね。昨年
と一週間ずれているのに、同じ日に、同じくらいの場所で、同じような出会いをすると
は。「短いスキーが印象的だったので」と、覚えていていただき有難うございました。




・山頂は昨年登っているので、槍ケ岳山荘前で展望を楽しんだら、さっそく滑降開始です。
DSCN3347.jpg

DSCN3350.jpg



・一糸乱れない勢いで追いついてくる、と思っていた韓国の皆さんはバラバラ。登頂を諦めた方もいます。
DSCN3352.jpg

DSCN3356.jpg

DSCN3364.jpg

RSCN3432.jpg



・気分的には登りの疲れが吹き飛ぶのですが、あまりに斜面が大きいので、疲れてしまいます。
DSCN3371.jpg

・一休みもそこそこに、次の斜面へと飛び出して行く夫。とてもうれしそうです。
IMG_5400.jpg

IMG_5410.jpg



・私も後を追って滑り、グリーンバンドから天狗原分岐、大曲りへとに向かっていきます。
DSCN3374.jpg

DSCN3378.jpg

IMG_5403.jpg



・昨年は大曲り付近からババ平まで、ズタズタになった雪渓で苦労したのに… 今年は、あっという間でした。
DSCN3385.jpg




山頂から槍沢ロッジまで、わずか一時間。残雪が多いので、ロッジのすぐ手前
までスキーを滑らせることができたからです。往復で五時間半。とっても楽しい
槍沢の滑降でした。ロッジで早い昼食をとり、上高地までのニリンソウロードへ。



・昨日にはなかった「石ころアート」がところどころに。退屈するほど長い行程なので、とても癒されます。
IMG_5437.jpg



・ニリンソウの満開まではもう少し。それでも一面の白いお花にカメラを向けて、スクワットの連続です。
IMG_5444.jpg

DSCN3404.jpg


ニリンソウ


DSCN3405.jpg



・サル軍団はお花畑を縦横無尽に歩き、むしり取って食べています。
IMG_5460.jpg

IMG_5449.jpg



・昨日はまばらだった、徳澤園のテント村。今日はいつもの賑わいが戻っていました。
DSCN3412.jpg DSCN3414.jpg



・ニリンソウは昨年より見劣りしますが、代わりのお花が一杯です。なかでも、ミヤマカタバミの多さに驚かされました。
DSCN3415.jpg DSCN3417.jpg DSCN3410.jpg DSCN3416.jpg DSCN3423.jpg DSCN3424.jpg



・残雪をまとった明神岳。この時期の姿が一番凛々しくて、私のお気に入りです。
DSCN3428.jpg



・気のせいか、登山道沿いの湧水もいつもより清々しくて、たくさん湧いているように見えます。
DSCN3427.jpg



・今年も槍沢を滑ることが出来ました。片道20㎞もある槍ケ岳。二人で130歳、いつまでスキーを担いでいけるでしょうか?
DSCN3431.jpg



・21日。Pしるふれぃの温泉で疲れをとって帰宅すると…庭の生垣にはタケノコの「槍」。そしてヒメサユリも咲いていました。
DSCN3433.jpg DSCN3436.jpg







hdfhdhd003_top2.gif
Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[山スキー
29年春のお花達⑤






初夏のような日もありますが、まだまだ春のお花達…



・「ひたち海浜公園」のネモフィラの海も素晴らしいのですが、我が家のネモフィラもなかなかなものです。
DSCN3222.jpg



・今年はサツキの花付きが少し変。時期がずれたり、お花もまばらだったりしています。
DSCN3234.jpg

DSCN3238.jpg

DSCN3241.jpg

DSCN3236.jpg



・モッコウバラは、例年になく盛りだくさんのお花で、賑やかに咲いています。
DSCN3235.jpg


・名前を忘れてしまったけど、ナデシコのようなピンクのお花が、いたるところに繁殖。
DSCN3281.jpg



・昨年は花付きが悪かったので、有機肥料をあげたせいか、とても勢い良く咲き競うキスゲたち。
DSCN3230.jpg DSCN3229.jpg
DSCN3273.jpg RSCN3276.jpg


・ヤマボウシは少し寂しげですが、葉の色に紛れていた緑から白に変身。もう少しで紅がさしてくるでしょう。
DSCN3257.jpg RSCN3268.jpg


・強い香りのタイム。これが終ると追いかけるように、別のジャコウソウが咲いてきます。
DSCN3270.jpg


・清楚なレース模様のような、レースフラワー。
RSCN3298.jpg


・デンティベスは、とても大柄でシンプルな花弁が特徴の四季咲きのバラです。
DSCN3284.jpg


・なんとなく無造作に扱ってしまうシランですが、ひとつひとつを確かめると、とても立派お花です。
RSCN3303.jpg RSCN3299.jpg


・こんなところから…。ラベンダーの軒下を借りるように佇んでいる、フタリシズカさん。、
DSCN3311.jpg


・羽化したばかりなのか、体調不良なのか?じっとしたまま動きません。
RSCN3254.jpg


・水蓮鉢には、クロモの可愛いお花が咲き始め、ヒメダカも春を満喫している様子です。
DSCN3304.jpg




今年の春は、少し落ち着きのない天候です。真夏のような暑い日が
あるかと思えば涼しい日も。寒気が入ってきてとかで、にわか雨や雷
がきたり。例年のように槍沢を滑りたいので、五月晴を待っています。






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[我が家の自然
29年今年もネモフィラに逢いに!




9日。夫は休養日で、私はお友達と「ひたち海浜公園」に!




・インバウンドの方にも、ネモフィラやコキアが人気で、今日も大混雑の海浜公園です。
IMG_5302.jpg IMG_5304.jpg

IMG_5305.jpg IMG_5306.jpg



・お目当ての、ネモフィラの丘に向かうお客様で、いっぱいです。
IMG_5307.jpg IMG_5313.jpg



・私もその一人ですが、ネモフィラの丘に向かう人波が途絶える様子はありません。
IMG_5312.jpg


・アップで見ると、青い海の一員だったネモフィラが、笑ったような表情をを見せてくれます。
IMG_5311.jpg



・余り気にしたことのない藤棚が満開で、園内の周遊バスも、いっぱいのお客様です。
IMG_5314.jpg IMG_5316.jpg



・夫には笑われてしまいますが、シーサイドカフェで「持ち込み」のお茶とケーキ休憩です。
IMG_5319.jpg






Posted by tomo
comment:0   trackback:0
[日常